全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

とよはし映画祭フィナーレ

3日間の日程を終え、クロージングセレモニーに参加した園監督、松井さんら=ユナイテッド・シネマ豊橋18で

 「ええじゃないか とよはし映画祭」(実行委員会主催、東愛知新聞社など後援)は4日、3日間の日程を終え閉幕した。クロージングセレモニーが開かれ、同祭プロデューサーを務める豊橋市出身の映画監督・森谷雄さんは「来年も待っててください」と次回開催を観客にアピールした。  映画祭ディレクターの映画監督・園子温さん(豊川市出身)は「無事に終わり、感無量。たくさんの皆さんに支えられて最後までやれ、成功と言っていい」とあいさつ。同祭アンバサダーの女優・松井玲奈さん(豊橋市出身)が「たくさんの映画に出会い、楽しい3日間でした」と振り返った。  2回目となった映画祭は、豊橋や愛知ゆかりの19の映画が穂の国とよはし芸術劇場プラット、開発ビル、ユナイテッド・シネマ豊橋18の3会場で上映され、監督や出演者らゲストが全てに登場。来場者は、映画の鑑賞とともに作品に寄せる思いなどを知ることができた。  「斉木楠雄のΨ難」「はらはらなのか」などは満席となった。  セレモニーで、次回に向け、森谷さんは「課題も見えました。3回目に向け、このあとから構想を練る」と意欲。実行委の佐藤元英会長も「映画を通じて豊橋を発信する。優しい言葉、辛らつな言葉もいただいており、ここにしかない、映画関係者から注目される映画祭にしたい」と述べた。佐原光一市長は「皆さんの後押しが力」と会場に呼び掛けた。  セレモニーには、上映された最新作「プリンシパル-恋する私はヒロインですか?」の篠原哲雄監督、俳優・市川知宏さんらも参加した。

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

赤塚山公園ポニーがトレーニング中

 豊川市市田町の赤塚山公園の動物広場「アニアニまある」に今春仲間入りしたポニーの「ミライ」が、市民と触れ合う未来に備えて元気にトレーニングに励んでいる。  1995(平成7)年の開園当初から...

長野日報社

「5つのお願い」呼び掛け 八ケ岳に夏山登山相談所

諏訪地区山岳遭難防止対策協会と茅野署は4連休初日の23日、八ケ岳連峰の美濃戸口と奥蓼科に夏山登山相談所を設置した。同協会相談員が登山者の登山計画書や装備などを確認し、県が示す安全登山への”5つの...

とよかわタイムス稲荷周辺で初の取材研修

 豊川市の若手職員らでなり、主にSNS発信でシティセールスに取り組む「とよかわタイムス」のメンバー13人が22日、豊川稲荷境内と門前商店街で初の研修に臨んだ。  写真の撮り方や文章で伝えるポイン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク