全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ジビエをアスリートに 商品開発へ効果検証

ジビエの新商品開発に向け試食する町職員の細井孝哲さん(右)=古座川町月野瀬で

 シカ、イノシシなどのジビエ商品を特産品として売り出している和歌山県古座川町は、アスリート向け商品の開発に挑戦している。4月から日本体育大学陸上競技部の選手らに試食してもらっており、本年度中には新商品を販売する予定だ。

 ジビエは高タンパク、低カロリーで鉄分などミネラルが豊富。牛肉、豚肉、鶏肉などに比べ、脂肪燃焼を促すカロニチンを多く含んでいることから、アスリートの体に良いといわれている。  千葉県から同町高池に移住してきた総合格闘家の鈴木貴裕さん(31)もジビエを食べている。「ジビエは減量中の選手が食べても問題ないし、エネルギーが湧いてくる感じがする。味もあっさりしていて食べやすく、今では牛肉より食べやすい」と話す。  鈴木さんは後輩の格闘家たちにもジビエを薦めており、現在、テレビなどでも活躍中の浅倉カンナ選手からは「おいしい」との反応があったという。  町内で加工されたジビエを使った「里山のジビエバーガー」は「とっとりバーガーフェスタ2016」でグランプリを受賞。町鳥獣食肉処理加工施設「古座川ジビエ 山の光工房」(古座川町月野瀬)など6団体で構成する「古座川ジビエコンソーシアム」は、農林水産省の「ジビエ利用モデル地区」の指定を受けている。  町は東京で自転車競技の選手らにジビエ料理を振る舞うなど、PR活動に力を入れていて、ハム、ステーキなど一般向けの商品も開発中だ。  熊野の大自然で育ったジビエのおいしさを広くPRしていきたいと話す、町地域振興課の細井孝哲さん(35)は「ジビエがアスリートの体にとって良いのは分かっている。実際に食べてもらい、実証することで味や効果の信用が高まる」と期待している。

関連記事

鹿児島ご当地アイドル日本一 奄美観光大使のサザン☆クロス

 鹿児島県の観光PRアイドルグループ・サザン☆クロスが東京都で11月24日に開催された「ご当地アイドル№1決定戦~U・M・Uアワード2018」(ザ・クロス主催)で、見事グランプリに輝いた。審査員賞...

荘内日報社

“魚介類の楽園づくり”に光

 「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを募集し紹介、表彰する環境省制定「第6回グッドライフアワード」で、海洋生物の保全活動に取り組んでいる酒田市のNPO法人・みなと研究会(守屋元志代表理...

紀伊民報社

どんな本かはお楽しみ 「福袋」貸し出し

 和歌山県田辺市東陽の市立図書館は、司書がお薦めする本を入れた「福袋」を貸し出している。どんな本かは、借りてからのお楽しみ。未知の作品に出合えるわくわく感が楽しめる。  好みのジャンルを飛び越え...

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク