全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ジビエをアスリートに 商品開発へ効果検証

ジビエの新商品開発に向け試食する町職員の細井孝哲さん(右)=古座川町月野瀬で

 シカ、イノシシなどのジビエ商品を特産品として売り出している和歌山県古座川町は、アスリート向け商品の開発に挑戦している。4月から日本体育大学陸上競技部の選手らに試食してもらっており、本年度中には新商品を販売する予定だ。

 ジビエは高タンパク、低カロリーで鉄分などミネラルが豊富。牛肉、豚肉、鶏肉などに比べ、脂肪燃焼を促すカロニチンを多く含んでいることから、アスリートの体に良いといわれている。  千葉県から同町高池に移住してきた総合格闘家の鈴木貴裕さん(31)もジビエを食べている。「ジビエは減量中の選手が食べても問題ないし、エネルギーが湧いてくる感じがする。味もあっさりしていて食べやすく、今では牛肉より食べやすい」と話す。  鈴木さんは後輩の格闘家たちにもジビエを薦めており、現在、テレビなどでも活躍中の浅倉カンナ選手からは「おいしい」との反応があったという。  町内で加工されたジビエを使った「里山のジビエバーガー」は「とっとりバーガーフェスタ2016」でグランプリを受賞。町鳥獣食肉処理加工施設「古座川ジビエ 山の光工房」(古座川町月野瀬)など6団体で構成する「古座川ジビエコンソーシアム」は、農林水産省の「ジビエ利用モデル地区」の指定を受けている。  町は東京で自転車競技の選手らにジビエ料理を振る舞うなど、PR活動に力を入れていて、ハム、ステーキなど一般向けの商品も開発中だ。  熊野の大自然で育ったジビエのおいしさを広くPRしていきたいと話す、町地域振興課の細井孝哲さん(35)は「ジビエがアスリートの体にとって良いのは分かっている。実際に食べてもらい、実証することで味や効果の信用が高まる」と期待している。

関連記事

思いやりの心で栽培を 大本小で「人権の花」植え付け

 花の栽培を通して思いやりの心や人権意識を身に付けてもらうことを目的とした「人権の花」の植え付け式が19日午前、今年度指定校の大本小学校(知念克治校長)で行われ、全児童9人と関係者がベゴニアの苗18...

長野日報社

新生「御湖鶴」 下諏訪で醸造始め祭

 下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕...

生徒が模擬裁判員裁判

 新城市立作手中学校(木村恭一校長)で19日、県弁護士会東三河支部の会員弁護士4人による出前授業が開かれた。3年生13人は裁判員裁判となった強盗致傷事件の模擬裁判員となり、弁護士と一緒に被告が有罪か...

荘内日報社

鶴岡南高生と鶴岡駅前商店街振興組合が連携 27日「鶴お菓子まつり」開催

 県立鶴岡南高校の2年生5人と、鶴岡駅前商店街振興組合が連携して、「菓子」をテーマにした駅前活性化イベント「鶴お菓子まつり」の開催に向けて準備を進めている。27日(土)、FOODEVERとマリカ広場で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク