全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

北原読書楼 30年ぶり土蔵開ける

土蔵から発見された明治初期の北原読書楼の教科書類

 伊那市高遠町に現存する江戸時代の武家屋敷を使用した私塾の学問所「北原読書楼」で25日、敷地内にある土蔵1棟が約30年ぶりに開けられた。内部からは学問所で使われていた教科書や当時の世相を知るうえで貴重な書簡など約数百点が見つかり、所有者は歴史的価値を探る今後の学術調査などに期待を寄せている。

 同市教育委員会によると、読書楼は、旧高遠藩士で高遠藩の藩校・進徳館の師範代も務めていた北原安定(節堂)が廃藩置県による進徳館の閉校に伴い、自宅を使って1875(明治8)年に開塾。漢籍、経書、西洋史、国史などの講義を行っていた。

 土蔵は敷地内に2棟あり、うち1棟は扉が開き武具などが収められているが、1棟は鍵はあるものの建物自体が地盤沈下で傾き、30年以上、開けられていなかったという。読書楼と土蔵は現在、安定のやしゃごにあたる北原俊史さん(67)=東京都目黒区=が所有。地域遺産としての文化的活用を模索して蔵開けを決めた。

 この日は、扉の内側にあり開かなかった木製の引き戸を、専門業者が板目に沿ってのこぎりで切断。人ひとりが入れる隙間をつくり、蔵の中に入った業者が内部から引き戸を開けた。北原さんが蔵の中を確認し、2階から学問所の教科書や、安定が卒業生の就職を上伊那郡代に仲介した書簡の控え、古九谷の大皿、弓などが見つかった。1階には昔のかまどなどがあった。

 北原さんは「内部に入った時、安定の息吹を感じた。市教育委員会に調査を依頼したい。市などと今後の活用方法を相談し、地域のために有効に使いたい」と話していた。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク