全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

レトロな魅力発見 昭和の装いでまち歩き

写真を撮影しながら田辺のまちなかを歩くイベント参加者(24日、田辺市福路町で)

 古い建物や昔ながらの純喫茶が多く残る和歌山県田辺市街地を、昭和レトロな装いで巡るイベント「田辺を歩こう~レトロワンピと純喫茶」が24日にあった。ワンピースやサスペンダーを着こなした男女10人が写真撮影やお茶をしながら、まち歩きを楽しんだ。  田辺のお薦めスポットをホームページや「インスタグラム」で発信しているグループ「tiku(ティク)」が、芸術イベント「紀の国トレイナート」と連携して企画した。  JR紀伊田辺駅前を出発し、飲食店街「味光路」や商店街、通称「かまぼこ通り」を1時間半ほどかけて歩くコース。途中、レトロな洋服店や純喫茶を訪れたり、昔懐かしい看板や一人がぎりぎり通れるような路地を散策したりした。最後は純喫茶で、クリームソーダなどを飲みながら感想を語り合った。  田辺市出身で紀の川市在住の公務員、笠中あずささん(24)は「前から知っている道だけど、じっくり歩いたことはなかった。かわいい店やスポットがあって、田辺の魅力を再発見できた」、紀美野町から参加した女性(27)は「興味を引くお店がいっぱいあった。今度ゆっくり訪れてみたい」と目を輝かせた。  ティクの芝ゆかりさんは「今後もさまざまなテーマで、まち歩きイベントを展開し、魅力を発信していきたい」と話した。

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク