全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

南アルプス林道バス 利用者150万人

白鳥孝市長と一緒に150万人達成記念のくす玉を割る中屋さん一家

 伊那市長谷と南アルプス北沢峠方面を結ぶ市営南ア林道バスの累計利用者が24日、開業から39年目で150万人を突破した。仙流荘横のバス営業所前で記念セレモニーがあり、白鳥孝市長が150万人目の利用者となった佐久市岩村田の中屋智美さん(39)に仙流荘宿泊券や林道バス乗車券を贈呈。以降の利用者150人にも記念品を贈った。

 中屋さんはこの日、夫の征奎さん(47)、長男で中学1年の大晟さん(12)、次男で小学4年の寛大君(10)と訪れた。家族4人で市長と一緒にくす玉を割ると、林道バス関係者や登山客から大きな拍手を受けた。

 仙丈小屋に宿泊して仙丈ケ岳を目指すという一家は「一つ前の便に乗る計画でいましたが、寝坊をしてこの便になりました。幸運ですね」とにっこり。「宿泊券をいただいたので、また来て、次は南ア駒ケ岳(東駒ケ岳)に登りたい」と話していた。

 1980年9月、長谷村営バスとして運行を開始。市町村合併後も市営で運行し、累計利用者は2008年8月に100万人を突破した。運行期間は4月25日から11月15日までで、昨季は合併以降では2番目に多い5万1377人が利用。今季は林道崩落の影響で運行開始が6月12日となった。

 開業以来の無事故記録はいまなお続いている。記念セレモニーで、白鳥市長は「安全第一で運行し、150万人という大変な数字に乗せることができた。仙丈ケ岳や東駒ケ岳などへ、登山客の皆さんも安全に楽しく登ってください」と呼び掛けていた。

関連記事

長野日報社

40年ぶりに新調 重文・片倉館全和室の畳表

長野県諏訪市湖岸通り4の重要文化財・片倉館は今月、館内全和室の畳表を約40年ぶりに新調した。これを機にイベントや展覧会、会議など外部利用者への貸室事業に力を注ぐ。 同館は1928年(昭和3年...

長野日報社

まるで桜、横谷温泉 蓼科に「雨氷」 長野県茅野市

 ぽかぽか陽気から真冬の寒さに逆戻りした22日、標高の高い地域では前夜からの雨が木などに付着して凍った「雨氷」が見られた。長野県茅野市蓼科中央高原の横谷温泉旅館(篠原元文社長)では、敷地内のエゾ...

長野日報社

「上質な日常提供」高級ホテル 蓼科高原に来月開業 長野県茅野市

 長野県茅野市北山蓼科高原の旧宮家別邸跡地に3月19日、高級ホテル「ホテル ドゥ ラルパージュ」が開業する。2019年5月まで「ホテルハイジ」が営業していた場所で、不動産業などの戸部商事(東京都...

荒ぶる赤鬼と武神・天狗の攻防 豊橋鬼祭がクライマックス迎える

 東三河に春を告げる奇祭「豊橋鬼祭」の本祭が11日、豊橋市八町通3の「安久美神戸神明社」であった。ハイライトとなる「赤鬼と天狗のからかい神事」などを大勢の見物客らが見守った。今年は4年ぶりの通常...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク