全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

南アルプス林道バス 利用者150万人

白鳥孝市長と一緒に150万人達成記念のくす玉を割る中屋さん一家

 伊那市長谷と南アルプス北沢峠方面を結ぶ市営南ア林道バスの累計利用者が24日、開業から39年目で150万人を突破した。仙流荘横のバス営業所前で記念セレモニーがあり、白鳥孝市長が150万人目の利用者となった佐久市岩村田の中屋智美さん(39)に仙流荘宿泊券や林道バス乗車券を贈呈。以降の利用者150人にも記念品を贈った。

 中屋さんはこの日、夫の征奎さん(47)、長男で中学1年の大晟さん(12)、次男で小学4年の寛大君(10)と訪れた。家族4人で市長と一緒にくす玉を割ると、林道バス関係者や登山客から大きな拍手を受けた。

 仙丈小屋に宿泊して仙丈ケ岳を目指すという一家は「一つ前の便に乗る計画でいましたが、寝坊をしてこの便になりました。幸運ですね」とにっこり。「宿泊券をいただいたので、また来て、次は南ア駒ケ岳(東駒ケ岳)に登りたい」と話していた。

 1980年9月、長谷村営バスとして運行を開始。市町村合併後も市営で運行し、累計利用者は2008年8月に100万人を突破した。運行期間は4月25日から11月15日までで、昨季は合併以降では2番目に多い5万1377人が利用。今季は林道崩落の影響で運行開始が6月12日となった。

 開業以来の無事故記録はいまなお続いている。記念セレモニーで、白鳥市長は「安全第一で運行し、150万人という大変な数字に乗せることができた。仙丈ケ岳や東駒ケ岳などへ、登山客の皆さんも安全に楽しく登ってください」と呼び掛けていた。

関連記事

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

蒲郡で「オレンジロゲイニング」

 アウトドアスポーツの「蒲郡オレンジロゲイニング」が2日、蒲郡市内で行われた。県内外から129チーム358人が参加した。蒲郡マリンライオンズクラブ(夏目憲行会長)が創立30周年を記念して実行委員会を...

豊川いなり寿司フェスタ作品選考会

 豊川市のまちおこしNPO法人「みんなで豊川市をもりあげ隊」は26日夜、プリオで、12月8日に豊川稲荷で開催される「第10回豊川いなり寿司フェスタ」に備えた出展作品の選考会を行った。  例年は小中学生対...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク