全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県のご当地「牛乳パン」 来月7日、駒ケ根でイベント

牛乳パンをつくる駒ケ根市の田中製パン所

 「牛乳パン生みのまち」を宣言した駒ケ根市は、県内各地の牛乳パンを集めたイベント「秋の牛乳パンまつり」を、10月7日に同市上穂栄町の駒ケ根商工会館などで開く第62回駒ケ根商工まつりで開催する。6月に「生みのまち」を宣言してから初のイベント。宣言の経緯を広く伝え、県内各地の牛乳パンに親しんでもらう狙いだ。

 牛乳パンは長野県のご当地パンとして人気が集まっている。発祥に関しては諸説あるものの、牛乳パンを開発した”生みの親”が市内に住んでいることを根拠に、市議会6月定例会の一般質問で杉本幸治市長が宣言した。

 市は「駒ケ根ソースかつ丼」とともに、駒ケ根の味として発信してまちづくりに生かしたい考え。商工まつりでは県内各地の牛乳パンを集めて販売するほか、食べ比べによる「ファン投票」も計画。発祥について説明するパネルも展示して「生みのまち」をアピールする。

 牛乳パンは分厚く柔らかなパンにクリームを挟み、少年のイラストが描かれた包装袋で販売している店が多い。市などによると、伊那給食の中坪兼吉会長(83)=同市町三区=が伊那市内のパン製造店に勤めていた約60年前に開発して販売。その後、県パン商工組合(2016年に解散)の研修で紹介したことをきっかけに広まったという。

 駒ケ根商工まつりは午前9時30分~午後3時。市商工振興課は「県内各地から集まる個性豊かな牛乳パンを楽しんでほしい。発祥の経緯を多くの人に知ってもらい、県全体の盛り上げにも貢献する機会にしたい」としている。

関連記事

北海道十勝フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワ...

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

「優しいあんこ」食べて十勝発信 なつぞら応援推進協

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク