全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

田原サーフタウン構想

 市内で盛んなサーフィンを活用した地域活性化策、サーフタウン構想を打ち出している田原市は、太平洋に面した赤羽根町のロングビーチ一帯の将来イメージをまとめた。ビーチ東端にあたる高松町弥八島を重点整備地区とし、サーファーらの移住の受け皿となる宅地開発などを検討する。  サーフタウン構想は市の総合戦略に位置付け。サーファーや若者、子育て世代の移住数を増加させる施策を進めることにより、市は赤羽根地域の活力を維持、拡大させ、市内全域にも波及させたい考えだ。  ロングビーチは国内有数のサーフスポット。22日まで“サーフィンの五輪”と称される国際大会「アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(WG)の会場となり、国内外のトップ選手が波を評価、改めて波の良さが再確認された。  山下政良市長は「ロングビーチを含む赤羽根地区は年間10万人のサーファーが訪れる。構想の段階だが、まずはロングビーチで進め、サーフィンをする人たが住むサーフタウンをつくる」と意欲を見せる。  構想は、地域資源のサーフィンを活用し、交流人口を拡大、定住や移住につなげていく。  重点整備地区としたのは、ロングビーチの東側入口にあたる弥八島周辺。宅地開発は2カ所で構想し、第1期としてビーチに向かう西側で開発を検討する。サーファーが好む造り、外観などの「サーファーズハウス」を計画する。  また、その南側、ロングビーチを一望できる展望デッキのある弥八島海浜公園(仮称)の活用について、公募の方向で検討を進めていく。  市によると、構想で描いているこの宅地開発と、国道42号北側で計画を進める土地区画整理事業で240人の人口増加を想定している。  市は、同海浜公園出入口に、弥八島周辺で計画する宅地や公園などの将来イメージを描いた看板を設置、PRしている。同公園は、WGで観客らをもてなす「おもてなしエリア」として使われ、訪れた大勢の来場者が目にした。

関連記事

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

朝ドラ「バターチャーン」脚光 ふるさと館の来館者急増 幕別

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」にも登場したバター製造の道具「バターチャーン」を所蔵する幕別町ふるさと館(町依田384ノ3)の来館者が伸びている。5月の来館者は239人で前年同月の2.6倍に。札...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク