全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ドーム船で楽しむワカサギ釣り 諏訪湖で始まる

諏訪湖の沖合に浮かべたドーム船でワカサギ釣りを楽しむ釣り客

 岡谷市湊の民宿みなとは15日からドーム船の営業を開始した。中澤滋専務(58)によると、この時期は昨年ふ化した約10センチの大公、10月半ばからは今年ふ化した5センチ前後の小公が釣りやすくなる。「今年は例年より早くから釣れており、今後も多くの釣果が、見込めそう」と中澤専務。10月半ばごろから本格的なシーズンを迎え、来年3月末ごろまで楽しめるという。

 22日は午前7時の営業開始時で、湊の沖約2キロ地点に浮かべたドーム船には10人ほどが集まった。釣り客は約2時間で50~100匹ほどを釣り上げ、満足そうだった。

 群馬県から家族と訪れた鈴木健瑛(たけあき)君(5)は「お父さんに教わってたくさん釣れて楽しい」。約20年前から諏訪湖でワカサギ釣りを楽しんでいるという須釜伯叔(のりよし)さん(69)=埼玉県=は「今年はたくさん釣れて珍しい。天ぷらや空揚げにして食べる」と笑顔だった。

 中澤専務は「子どもからお年寄りまで幅広い年齢層、初心者も楽しめる。今年はたくさん釣れるので、ぜひ訪れてほしい」と呼び掛けている。

関連記事

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

朝ドラ「バターチャーン」脚光 ふるさと館の来館者急増 幕別

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」にも登場したバター製造の道具「バターチャーン」を所蔵する幕別町ふるさと館(町依田384ノ3)の来館者が伸びている。5月の来館者は239人で前年同月の2.6倍に。札...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク