全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

パンを掲げ、来場者と乾杯

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかかわらず会場に元気な声が響き渡った。

 生産者やパン店、農産物卸のアグリシステム(芽室)などで構成する「小麦ヌーヴォー委員会」(委員長・伊藤英拓同社専務)主催。今年の解禁日は23日で、十勝20店を含む全国250店で十勝産新麦を使ったパンが売り出される。伊藤委員長は「天候不順で収量も品質も厳しかったが、粉にするとたんぱく質も多く、吸水も高い」と話した。

 まつりは午前10時に開始。管内17店が出店し、36種のヌーヴォーパンを販売。士幌高校生徒が育てた有機小麦「ゆめちから」の食パンとマフィンも売られ、30分で完売した。池田ひろみさん(帯広)を講師にしたオブジェ製作も行われた。

 “乾杯”では場内でパンが配られ、正午には本別町の小島裕之さん(45)と芽室町の島部亨さん(57)の発声に合わせ、参加者がパンを掲げた。音更駒場小5年の男子児童(11)は「とてもしっとりしてる」と話していた。

関連記事

長野日報社

駒ケ根のイチゴ「紅ほっぺ」 台湾へ初出荷

長野県駒ケ根市の農事組合法人北の原は、北の原地区で栽培したイチゴを台湾の台中市で販売する。駒ケ根市では初となるイチゴの輸出。14日には初荷の20ケースが空輸のために関西国際空港へ送られた。2日...

長野日報社

新成人が酒造りに挑戦 辰野の小野酒造店

長野県辰野町小野の小野酒造店で、新成人による酒造りプロジェクト「oresake(オレサケ)」が進められている。町内出身または在勤の男女5人が参加し、地元産の酒米を使った仕込みからラベル制作まで...

長野日報社

涅槃会前に「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、長野県諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しま...

長野日報社

桑の葉パウダー発売 若葉を粉末にし利用容易に

長野県駒ケ根市の竜東農村公園振興協議会は、クワの若葉を乾燥、粉末にした「信州駒ケ根産まるごと桑の葉パウダー」を開発し、市内3カ所で販売を始めた。食用としてのクワの利用を促進する協議会初の商品化。血...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク