全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

パンを掲げ、来場者と乾杯

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかかわらず会場に元気な声が響き渡った。

 生産者やパン店、農産物卸のアグリシステム(芽室)などで構成する「小麦ヌーヴォー委員会」(委員長・伊藤英拓同社専務)主催。今年の解禁日は23日で、十勝20店を含む全国250店で十勝産新麦を使ったパンが売り出される。伊藤委員長は「天候不順で収量も品質も厳しかったが、粉にするとたんぱく質も多く、吸水も高い」と話した。

 まつりは午前10時に開始。管内17店が出店し、36種のヌーヴォーパンを販売。士幌高校生徒が育てた有機小麦「ゆめちから」の食パンとマフィンも売られ、30分で完売した。池田ひろみさん(帯広)を講師にしたオブジェ製作も行われた。

 “乾杯”では場内でパンが配られ、正午には本別町の小島裕之さん(45)と芽室町の島部亨さん(57)の発声に合わせ、参加者がパンを掲げた。音更駒場小5年の男子児童(11)は「とてもしっとりしてる」と話していた。

関連記事

長野日報社

真っ赤な大粒イチゴ みはらしいちご園で出荷開始

 長野県伊那市西箕輪のみはらしいちご園でイチゴの収穫・出荷が始まった。羽広いちご生産組合(井踏岩夫組合長)の生産者が、ハウス内で育てた真っ赤な大粒をパックに詰めて地域の農産物直売所に出荷している...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

十勝産のコラボ弁当 帯広南商と福原 販売

 スーパーを展開する福原(帯広、福原郁治社長)が帯広南商業高校クッキング部(村井彩花部長、28人)と共同開発した「十勝をまるっともぐもぐ弁当」。9日まで数量限定で販売するフクハラの市内8店舗の...

そば簾お目見え 新得町で年越し用ピーク

 そばどころの新得町で、年越し・歳暮用のそば作りがたけなわだ。道内大手の新得物産(町基線104、清水輝男社長)では、製麺工場の乾燥室に見事な「そば簾(すだれ)」がお目見えし、年の瀬の風情を漂わせ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク