全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

秋の交通安全県民運動スタート

 「秋の交通安全県民運動」が21日、県下一斉に始まった。秋口に特徴的な薄暮時間帯の交通事故などを防ぐため、30日までの期間中、庄内地方でも5市町と3警察署、各防犯・交通安全関係団体が一丸となって各種啓発活動を展開する。

 今年の重点目標は、▽子どもと高齢者の安全な通行確保と高齢者の交通事故防止▽夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止▽全座席でシートベルトとチャイルドシートを正しく着用▽飲酒運転の撲滅▽運転者の基本ルール順守徹底―の5項目。

 初日の21日、鶴岡、酒田、庄内の3警察署合同の出発式が庄内町の響ホールで行われ、管内の交通安全関係団体から約300人が参加した。

 県警本部警察音楽隊約20人の演奏で開幕。主催者あいさつで、庄内地方交通安全対策協議会長の沼澤好徳県庄内総合支庁長の代理で松田茂防災安全室長が「庄内地方も含め死者数が昨年を大きく上回る憂慮すべき状況。これからは日没が早まり薄暮時の事故多発が懸念される。歩行者、ドライバーら双方に啓発し、事故防止に取り組んでいきたい」と述べ、交通安全関係団体への協力を求めた。

 原田眞樹庄内町長と佐藤隆治庄内警察署長の激励に続き、庄内地区老人クラブ連絡協議会の小林達夫会長が「交通事故のない、住みよいまちをつくるため交通ルールを守り、みんなで交通事故防止に取り組む」と決意表明。地元の余目保育園の3歳児46人が「道路に飛び出しません、車の周りで遊びません、チャイルドシートに座ります」と誓いの言葉を発表、踊りを披露して出発式に花を添えた。

 閉会後は警察車両や青パト隊など計18台による広報キャラバン隊の出発を見送った。

出席者一同で、運動のスタートを知らせる広報キャラバン隊の出発を見送った=庄内町・響ホール

関連記事

個性豊かな凧、大空へ 3年ぶり、全国から愛好家や市民集う 石垣島凧あげ交流..

 2022年第20回石垣島凧あげ交流会第10回全国シャクシメー大会(石垣島凧あげ大会実行委員会主催)が26日、南ぬ浜町人工ビーチで開催された。全国からの愛好家や地元の子どもたちら約150人が参加し、夏至南風...

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク