全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

品質上々 仕込み開始 池田の十勝ワイン

手作業で選別されるワイン原料のブドウ「清見」

 2018年産ブドウを使った十勝ワインの仕込み作業が21日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)で始まった。初日は池田町産のブドウを選果し、発酵タンクに送り込んだ。

 町千代田地区にある直営のブドウ畑で20日に収穫した赤ワイン「清見」に使う品種「清見」を約1.5トン仕込んだ。品質、収量とも平年並みで、小さな枝を取り除く機械にかけた後、汚粒などを手作業で選別した。

 18年産の仕込みは前年産とほぼ同量の約330トンを予定。10月末までに交配品種の「山幸」と「清舞」、後志管内の仁木町と余市町、上川管内剣淵町などで生産されたブドウが運び込まれる。いずれも収量は平年並み。

 仕込み開始前の午前8時、操業の安全祈願を行った。勝井勝丸池田町長は「事故のないように丁寧な作業を心掛け、消費者に喜んでもらえるワインを造ってもらいたい」と職員を激励した。

 同研究所は10月14日午前9時半、ワイン城南側の展示ほ場で「ブドウ収穫体験」を実施する(雨天中止)。定員50人で参加無料。申し込みは10月1~12日に同研究所栽培係(015・572・4093)へ。

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク