全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

架空の島で環境問題学習 川平の中学生

架空の島の地図を使い、ロールプレイングで開発と環境保護について話し合う川平小中学校の中学生ら=20日午前、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター

 川平小中学校(山城亨校長)の中学生16人は20日午前、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターで、環境問題などについて学ぶ「サンゴガーディアンズプログラム」の第4回として、サンゴ礁に囲まれた架空の島の開発について話しあうロールプレイング「サンゴ島会議」を行った。生徒らは漁師やホテル業者、公務員など与えられた立場から意見を出して利害を調整し、持続可能な社会について考えを深めた。

 生徒らはホテルや浄水場、桟橋、港、公道などを架空の島の地図上のどこに配置するか真剣に論議。「富裕層を獲得したいので町の離れにホテルを置きたい」「魚が捕れなくなるので排水口は漁の区域近くに置かないでほしい」「サンゴのある区域は遊泳禁止に」「それでは客が来ない」などと話し合いは白熱した。

 ホテル業者の役割を担当した3年生の清水花菜さん(14)は「いろいろな意見があるので、ホテルを一つ建てるのも大変。しかしこちらもやりたいことがある。大事なところは曲げずに話し合いたい」とそれぞれの立場を踏まえた話し合いの難しさを実感した様子。

 授業の最後に、使われていた架空の島の地図が実は川平半島の地図を加工したものだったことが明かされた。

 子どもに環境の大切さを教え、思いやりの心を持ってもらう環境省の「子どもパークレンジャー事業」の一環。委託を受けたわくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が総合学習の時間として行っている。

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク