全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

水力発電所を巡る「伊那市自然エネツアー」本格始動

県企業局の職員から説明を受け、発電施設を見学する一行=伊那市高遠町の高遠発電所

 伊那市のNPO法人南アルプス研究会(小澤陽一代表)は20日、水力発電所や木質バイオマスなど市内に点在する自然エネルギー施設を巡るバスツアー「伊那市自然エネルギーツアー」を本格始動した。豊かな自然資源を活用し、市の魅力発見や地域活性化につなげようと企画。当初は「水力発電」と「木質バイオマス」の日帰り2コースで毎月各1回実施し、自然エネルギーの普及、推進も図る。

 この日は水力発電コースを開き、市内の企業経営者や上田市から10人が参加。高遠町、長谷地区にある三つの発電所を見て回った。

 ツアーでは各施設の協力も得て、普段は一般が立ち入ることのできない発電所内部なども見学できることが特徴。県企業局の高遠発電所を訪れた一行は、職員から説明を受けながらダム直下にある発電所まで特別に足を運び、電気が生まれる現場を肌で感じた。

 参加者は「実際に見ると、自然エネルギーについてイメージが湧きやすい」と興奮気味。仲間と一緒に参加した伊那商工会議所自然エネルギー産業観光プロジェクト特別委員長の三澤俊明さんは「発電所の内部を見ることは、普通ではまずできない体験。自然エネルギーを生かしている伊那で、ツアーと連携して地域の活性化につなげていけたら」と話した。

 同研究会は、15年ほど前から水力発電の調査研究を進めるなど自然エネルギーに関わり、ツアー事業化の準備も進めてきた。小澤代表は「実体験することで、化学燃料や原子力に頼らなくてもいい水資源のすごさを感じてもらえれば。ツアーのテーマは『見る、学ぶ、体験する』。節電意識など、見聞きしたことを実生活に生かしてもらえたら」と期待した。

 両コース共に料金は昼食代、保険料込みで各7800円。問い合わせは同研究会の金子さん(電話080・6518・1104)へ。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク