全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

遊戯施設ソライとホテル完成

 不動産開発運営会社「YAMAGATA DESIGN」(ヤマガタデザイン、鶴岡市、山中大介社長)が鶴岡市覚岸寺周辺にあるサイエンスパーク内で整備を進めてきた全天候型の児童遊戯施設「キッズドーム ソライ」と宿泊滞在複合施設「ショウナイホテル スイデンテラス」が完成し19日、現地で記念式典が行われた。

 特徴的な木造屋根のドーム型のソライは、地上1階部分に、ネット遊具や傾斜のある木製床などで構成される屋内遊戯施設「アソビバ」と、地下1階部分にはものづくりスペース「ツクルバ」がある。鉄筋コンクリート造一部木造。敷地面積約1・4ヘクタール、延べ床面積約2000平方メートル。一般無料試遊期間(10月1―30日)を設け、11月1日にグランドオープン予定。

 利用料は年齢で段階的に設定。1回利用で0歳児無料、3歳以上1500円、別途大人500円。1カ月会員利用は0歳児1000円、3歳児以上4000円で、鶴岡市民の割引を適用すると0歳児で750円、3歳以上で3500円となる。会員利用の場合は大人無料。

 スイデンテラスは8月1日にプレオープンし、カフェレストランやライブラリーの利用や宿泊を開始している。フィットネスジムを備えた温泉施設が完成しこの日、グランドオープンを迎え、本格的に営業がスタート。敷地面積は約3・5ヘクタール、延べ床面積は約7500平方メートル。また、フィットネスジムと温泉施設については宿泊客以外の会員利用も計画予定。

 両施設とも世界的な建築家・坂茂氏の設計。工事費はソライが約9億円、スイデンテラスが41億円。総工費は両施設合わせて約69億円で、国や市から合わせて約3億円の助成と、企業などからの出資を充てた。市の設定したサイエンスパーク計約21・5ヘクタールのうち、ヤマガタデザインが行政から引き継いで開発を進めてきた約14ヘクタールの整備事業は今回の両施設の完成でひとまず終えたことになる。

 この日、スイデンテラスで開かれた式典には関係者や施工業者、来賓など合わせて約60人が出席。山中社長が「まちづくりは作ってからが本当の意味での始まり。若い人が夢を見て幸せに暮らせるまちづくりを目指し、都市間競争における山形庄内の勝利に寄与できるよう、引き続き頑張っていく」などとあいさつ。慶應義塾大先端生命科学研究所の冨田勝所長、皆川治鶴岡市長らが祝辞を述べた。

 その後は出席者を対象に施設内覧ツアーも実施。東北芸術工科大の中山ダイスケ学長、Spiberの関山和秀代表執行役、山中社長の3人によるパネルディスカッションも行われた。

傾斜のある木製床や約6メートルの高さのネットジャングルなどで構成される児童遊戯施設キッズドームソライの「アソビバ」などを関係者に内覧(上)サイエンスパーク内に完成したドーム型の全天候型児童遊戯施設キッズドームソライ。10月中は無料試遊期間となっており、希望者はヤマガタデザインのホームページから予約する

関連記事

思いやりの心で栽培を 大本小で「人権の花」植え付け

 花の栽培を通して思いやりの心や人権意識を身に付けてもらうことを目的とした「人権の花」の植え付け式が19日午前、今年度指定校の大本小学校(知念克治校長)で行われ、全児童9人と関係者がベゴニアの苗18...

長野日報社

新生「御湖鶴」 下諏訪で醸造始め祭

 下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕...

生徒が模擬裁判員裁判

 新城市立作手中学校(木村恭一校長)で19日、県弁護士会東三河支部の会員弁護士4人による出前授業が開かれた。3年生13人は裁判員裁判となった強盗致傷事件の模擬裁判員となり、弁護士と一緒に被告が有罪か...

荘内日報社

鶴岡南高生と鶴岡駅前商店街振興組合が連携 27日「鶴お菓子まつり」開催

 県立鶴岡南高校の2年生5人と、鶴岡駅前商店街振興組合が連携して、「菓子」をテーマにした駅前活性化イベント「鶴お菓子まつり」の開催に向けて準備を進めている。27日(土)、FOODEVERとマリカ広場で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク