全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

熊野米台湾へ 田辺の米穀店が輸出

台湾に輸出された熊野米(田辺市湊で)

 和歌山県田辺市湊の駅前新通りにある米穀・炊飯販売会社「たがみ」(田上雅信社長)は、地元のブランド米「熊野米」を台湾に輸出した。今後、継続して取引されるよう商談中という。  日本政策金融公庫が顧客の海外販路拡大を支援する「トライアル輸出支援事業」を活用した。台湾での日本米の販売実績が豊富な「テイサン国際有限公司」(台北)に熊野米(2キロ入り150個)を卸し、台湾の高級スーパーで販売されたという。  熊野米のブランド化を進める田上雅人専務(47)は「熊野米に取り組み始めて足かけ10年で認められてきた。今回輸出した高級スーパーは以前から取引したいと思っていた。継続して扱われるよう商談を進めたい」という。  たがみは2008年から、地元産米のブランド化に取り組み始めた。農家と連携して10年から熊野米の栽培に着手。13年からは農業に参入し、自社でも栽培している。農家から仕入れる分を合わせて年間100トン近い「熊野米」を取り扱っている。  熊野米の品種は、コシヒカリより稲の茎が短く、強風にも強い「ヒカリ新世紀」。雑草抑制の効果があるとされる梅の調味残液を使って、除草剤の使用量を抑えて栽培している。  熊野米は、甘酒や米粉パン、日本酒の原料にも活用されている。

関連記事

長野日報社

駒ケ根のイチゴ「紅ほっぺ」 台湾へ初出荷

長野県駒ケ根市の農事組合法人北の原は、北の原地区で栽培したイチゴを台湾の台中市で販売する。駒ケ根市では初となるイチゴの輸出。14日には初荷の20ケースが空輸のために関西国際空港へ送られた。2日...

長野日報社

新成人が酒造りに挑戦 辰野の小野酒造店

長野県辰野町小野の小野酒造店で、新成人による酒造りプロジェクト「oresake(オレサケ)」が進められている。町内出身または在勤の男女5人が参加し、地元産の酒米を使った仕込みからラベル制作まで...

長野日報社

涅槃会前に「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、長野県諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しま...

長野日報社

桑の葉パウダー発売 若葉を粉末にし利用容易に

長野県駒ケ根市の竜東農村公園振興協議会は、クワの若葉を乾燥、粉末にした「信州駒ケ根産まるごと桑の葉パウダー」を開発し、市内3カ所で販売を始めた。食用としてのクワの利用を促進する協議会初の商品化。血...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク