全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

熊野米台湾へ 田辺の米穀店が輸出

台湾に輸出された熊野米(田辺市湊で)

 和歌山県田辺市湊の駅前新通りにある米穀・炊飯販売会社「たがみ」(田上雅信社長)は、地元のブランド米「熊野米」を台湾に輸出した。今後、継続して取引されるよう商談中という。  日本政策金融公庫が顧客の海外販路拡大を支援する「トライアル輸出支援事業」を活用した。台湾での日本米の販売実績が豊富な「テイサン国際有限公司」(台北)に熊野米(2キロ入り150個)を卸し、台湾の高級スーパーで販売されたという。  熊野米のブランド化を進める田上雅人専務(47)は「熊野米に取り組み始めて足かけ10年で認められてきた。今回輸出した高級スーパーは以前から取引したいと思っていた。継続して扱われるよう商談を進めたい」という。  たがみは2008年から、地元産米のブランド化に取り組み始めた。農家と連携して10年から熊野米の栽培に着手。13年からは農業に参入し、自社でも栽培している。農家から仕入れる分を合わせて年間100トン近い「熊野米」を取り扱っている。  熊野米の品種は、コシヒカリより稲の茎が短く、強風にも強い「ヒカリ新世紀」。雑草抑制の効果があるとされる梅の調味残液を使って、除草剤の使用量を抑えて栽培している。  熊野米は、甘酒や米粉パン、日本酒の原料にも活用されている。

関連記事

長野日報社

新生「御湖鶴」 下諏訪で醸造始め祭

 下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕...

陸別のおあずけプリンに新味 コーヒーとほうじ茶

 陸別町振興公社(陸別町大通、道の駅内)は20日、陸別ブランドとして定着している冷凍プリン「りくべつミルクのおあずけプリン」の新味として、コーヒーとほうじ茶の2種類を発売する。  コーヒー味は...

長野日報社

多彩なガレット味わう 伊那でマルシェ

 信州伊那谷ガレット協議会は14日、「ガレットマルシェ2018」を伊那市の県伊那文化会館・さわやか広場で開いた。地元産のそば粉と食材を使った多彩な「伊那谷ガレット」が集合。家族やカップルらが買...

長野日報社

諏訪の酒と信州の味覚楽しむ 上諏訪街道・秋の呑みあるき

 諏訪市の国道20号沿いにある酒蔵5蔵を巡り日本酒を楽しむイベント「上諏訪街道・秋の呑みあるき」(同実行委員会主催)が6日から始まった。安全対策などの面から春と同じ2日間開催し、各日限定2000...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク