全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

交通乱れ解消せず 国道38号は混雑 十勝

狩勝峠の開通で一時的に混雑した新得町市街地の国道38号

 1日に十勝を襲った大雪の影響は長引き、3日も交通機関が乱れるなど市民生活に打撃を与えた。道央圏につながる国道は一部路線で通行止めが解除されたが、開通を待ちわびた車で渋滞が発生、JR北海道はほとんどの特急の運休を決めた。2日には暴風雪で車が立ち往生し、農業被害の拡大も明らかになってきた。4日は気温上昇が予想され、雪崩などへの注意が必要となる。

 国道は3日午前7時、国道38号・狩勝峠、273号・三国峠、336号・黄金道路の3路線の通行止めが解除された。十勝と道央圏を結ぶ道路は不通が続き、物流などが滞っていた。約1日半ぶりの再開となった狩勝峠には荷物を積んだトラックが多数通行し、3日午前、新得町と清水町の国道38号で渋滞が発生した。

 3日午後0時15分現在、274号・日勝峠、236号・天馬街道など国道4区間の通行止めが続いている。道東道は、占冠-芽室インターチェンジ間、追分-夕張間が通行できない。

 2日午後には、大雪や強風とみられる影響も出た。鹿追町笹川の国道274号では、暴風雪のため車両30台以上が一時立ち往生。清水町の道東道では、道路脇のり面の雪が崩れ、停車中の大型トレーラーや観光バスなど7台が雪に埋まった。

 一方、鉄道は不通が続いた。JRは2日、帯広と札幌を結ぶ特急全便を運休した。当初は同日夕方以降の便は運休とされていなかったため、運休決定後、帯広駅には切符変更などを求める利用者が列をつくった。

 除雪が追いつかず、3日も特急17本の運休を決めた(午前10時40分時点)。運休の対象は、始発から午後6時までに出発する列車。特急を含め、根室線は帯広-新得間など45本の運休が決まっている。

関連記事

長野日報社

清流で寒晒そば仕込み 高遠そば組合

 伊那市の高遠そば組合は20日、江戸時代に高遠藩が将軍家に献上した寒晒そばの仕込み作業を同市長谷の粟沢川で行い、地元産の玄ソバを入れた網袋を清流に浸した。大寒から仕込み、立春の2月4日に揚げて...

寒さなんかに負けないぞ

仔羊幼稚園児が裸で元気いっぱい  1年で最も寒いという「大寒」の20日、豊橋市岩田町の仔羊幼稚園(上里龍生園長、園児150人)では、園児たちが寒さに負けず元気いっぱい、上半身裸で1日を過ご...

伝統野菜アッタドコネが人気 奄美市でティダの環市

 第19回奄美ティダの環市が19日、鹿児島県奄美市名瀬のティダ館前であり、新鮮野菜や総菜などが販売された。旬のアッタドコネ(有良ダイコン)目当てに多くの人が訪れ、130本用意した商品は開始10分...

紀伊民報社

大露天風呂で熱闘 川湯温泉でかるた大会

 和歌山県田辺市本宮町川湯の大露天風呂「仙人風呂」で19日、第19回「新春!仙人風呂かるた大会」(主催=熊野本宮観光協会、仙人風呂実行委員会)があった。20チーム(1チーム4人)が参加し、湯の中...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク