全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

こだわり梅干しの商品化に向け、試作する和歌山ノーキョー食品工業の従業員(白浜町庄川で)

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作しており、付加価値の高い「白干し梅」として、来年に売り出したいという。

 同社は、県内産のミカンを使ったジュースや梅を使った梅干しなどの加工をしている。今回、新しい取り組みとして塩にこだわり、白干し梅を作ることにした。白干し梅は1次加工の梅干しで、これまではシソや蜂蜜などを加えた調味漬けが主だったが、近年、白干し梅の人気が高まっていることに着目した。白浜町庄川にある紀南工場で取り組んでいる。  塩は全国から取り寄せた。「石垣の塩」など沖縄県産が多く、「熊野黒潮本舗の黒塩」「手作り稲むらの塩」の和歌山県産、ボリビアの「ローズソルト(岩塩)」など外国産もある。  南高は、最高品質のA級3Lサイズを使い、6月中旬に5キロ入りたるに塩を入れて漬け込んだ。塩の全種類を1たるずつ漬けており、今月10日にたるから出して、ビニールハウス内で干し始めた。1週間ほどで白干し梅が出来上がる。  塩はナトリウムやカルシウム、カリウムなどのミネラルを含んでいることから、全種の成分を分析。11月ごろには農家や塩の業者らにも加わってもらって試食会を開き、味や食感の良さなどで判断し、どの塩を使うか絞り込みたいという。  商品化する分は来年産の梅を使う。塩だけでなく梅にもこだわって仕入れる方針。  紀南工場の西坂博満工場長(49)は「こだわった梅と塩を使って、付加価値の高い商品に仕上げたい。地元の農業振興はもちろん、世界農業遺産の産地を盛り上げる一助になればと思う」と話している。

関連記事

長野日報社

駒ケ根のイチゴ「紅ほっぺ」 台湾へ初出荷

長野県駒ケ根市の農事組合法人北の原は、北の原地区で栽培したイチゴを台湾の台中市で販売する。駒ケ根市では初となるイチゴの輸出。14日には初荷の20ケースが空輸のために関西国際空港へ送られた。2日...

長野日報社

新成人が酒造りに挑戦 辰野の小野酒造店

長野県辰野町小野の小野酒造店で、新成人による酒造りプロジェクト「oresake(オレサケ)」が進められている。町内出身または在勤の男女5人が参加し、地元産の酒米を使った仕込みからラベル制作まで...

長野日報社

涅槃会前に「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、長野県諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しま...

長野日報社

桑の葉パウダー発売 若葉を粉末にし利用容易に

長野県駒ケ根市の竜東農村公園振興協議会は、クワの若葉を乾燥、粉末にした「信州駒ケ根産まるごと桑の葉パウダー」を開発し、市内3カ所で販売を始めた。食用としてのクワの利用を促進する協議会初の商品化。血...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク