全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

出来秋!胆振東部の農家に不安の声 収穫への影響懸念

稲刈りを待つ水田と点検中の乾燥貯蔵施設=17日、厚真町上野

 出来秋を迎えた胆振東部で、稲刈りを目前にした地域の農家や農協から不安の声が出ている。例年9月下旬に作業に入るが、むかわ町では収穫した米を乾燥させる鵡川農協の施設が地震で損傷し、使えない状況に。厚真町や安平町、むかわ町穂別の農家が組合員になっているとまこまい広域農協も施設の点検や調査を進めているが、適期に稲刈りができるかどうか懸念している。

 鵡川農協は、地震によって農業倉庫8棟(延べ床面積3435平方メートル)のうち、4棟(同1617平方メートル)が被害に遭い、利用できない状況となった。米を収穫した後、乾燥させる穀類乾燥調整施設周辺で地面に亀裂が入り、基礎の一部や内部の装置、搬送ラインが破損した。

 同農協関連の水稲の作付面積は約930ヘクタール。例年25日ごろから収穫が行われ、今年の収穫量は4575トン、生産額を7億6000万円と見込まれていた。担当者は「収穫したばかりの米は水分が多く、乾燥させなければ腐る。農家が持っている乾燥機も壊れている物が多く、困っている」と説明する。

 現在、全国農業協同組合中央会(東京)などと連携し、他の農協で米の乾燥や選別などの作業を行えないか検討している。

 とまこまい広域農協も、例年24日ごろから米の収穫を行うが、今年は地震の影響で準備が遅れ、18日に試験的に刈り取り、実の入り方などもみの状態を検査する。厚真町上野の米の受け入れ施設では、シャッターの一部が損傷。今のところ乾燥施設に目立った破損はないものの、稼働できるどうかは不明で、点検を急いでいる。

 同農協関連の米の作付面積は2381ヘクタール。当初は今年の収穫量を1万1564トン、生産額を25億7800万円と見込んでいた。だが、今年は台風や夏の長雨などに加えて今回の震災で、収穫量が落ちる見通しだ。

 同農協の担当者は「もともと作況が不良で、地震の影響もあり、計画を下回るのではないか」とし、「今後どうなるのか分からず、農家から不安の声が多く寄せられている」と話した。

関連記事

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

荘内日報社

地域おこし協力隊員らが「複業」事例発表

 生業や地域づくりを考えるイベント「仕事が無いなら自分で作る?~若者がナリワイを作って活気のある地域に」が14日、三川町文化交流館「アトク先生の館」で開かれ、同町で活動している地域おこし協力隊の伊藤秀...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク