全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

台湾で住民と文化交流 八重山上布展示の崎原さん 宮城さんは三線で民謡披露

タロコ族のアーティストと言葉を交わす崎原克友さん(左2人目)。左端は陳保佑氏=15日午前、花蓮県秀林郷

 【花蓮県秀林郷】八重山上布の崎原克友さん(32)=石垣市宮良=が15、16日、2017年度の日本民芸館展(同館主催)で奨励賞を受けた八重山上布の作品「うるずんの波」など作品7点を地元のアトリエに展示し、台湾先住民のアーティストらと交流した。3月まで県台湾事務所に出向していた石垣市職員の宮城光平さん(33)=同=は三線で「月ぬ美しゃ」など八重山民謡を披露し、イベントに華を添えた。

 ウチナー民間大使でもある沖縄物産企業連合の陳保佑・台湾営業所長が、台湾の先住民の間で行われている工芸やアートに着目し、沖縄との間で伝統工芸に関する交流を行おうと企画したもの。

 崎原さんが海外で作品を展示するのは初めて。端切れや沖縄の染織に関する専門書も用意した。台湾には八重山商工高校の修学旅行で来ており、花蓮も訪れたことがあるが、「まったく歩いていないのと同じ。はじめてに近い。台湾の人には、八重山上布の技法や、麻糸や絹糸などを使った素材感を知ってもらえれば」と話していた。

 会場はアミ族のアーティストが開いているアトリエ。15日は織物を行っているタロコ族のアーティストが自身の作品を携えて訪れ、崎原さんと意見交換した。流木でアートを制作しているアミ族のアーティストや藍染めの研究者らも姿を見せた。

 宮城さんは「八重山の民謡のなかには、もともとは楽器を使わずに歌っていたものに、あとから三線を付けたものがある」などと説明してから演奏を行った。(松田良孝通信員)

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク