全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

マツタケ「豊作」に期待も雨の降りすぎ不安 上伊那地方

 マツタケの収穫期を迎えた上伊那地方。夏の猛暑と少雨の影響が心配されたが、9月にかけての気温低下と降雨で発生が本格化。不作だった昨秋と異なり直売所にも一定の量が入る。「松茸博士」として知られる伊那市の藤原儀兵衛さん(80)は「ここまでは悪くない。豊作も期待できそうだ」と予測。ただ、盆明けに見舞われた極度の低温や雨の”降りすぎ”など「不安要素もある」と言う。藤原さんの山仕事に同行して今後のポイントを聞いた。

 マツタケは地中の温度(地温)が19度以下になると発生に向けて芽が動き出す。その後、厳しい残暑で地温が再上昇すると芽が死んでしまうため、気温・地温が乱高下することなく緩やかに下がっていくのが理想という。

 発生地点は「シロ」と呼ばれ、藤原さんは「早いシロからは順調に出てきている」と現況を説明。株状となって発生した所もあり「豊作の年に見られるもの。いい兆し」とする。夏の記録的高温を経て大豊作となった2010年秋を例に出し「高温の度合いはあの年以上だが、雰囲気は良く似る」との見方を示す。

 ただ、10年と異なるのが盆明けの気温推移で、8月17~18日は、それまでの高温傾向から一転し、13度前後の日最低気温を観測。藤原さんの標高1000メートルの山では地温が17度まで急降下した。数日後から最高気温30度以上が連続しており、「戻り温度(地温再上昇)の影響を受けていなければいいが」と懸念。山によって作柄に差が出ているのでは―とも推測する。

 豊作年にはタイミングのいい雨があるが、伊那の9月の降水日数はここまで12日間もあり「降りすぎている」。腐りなどの品質低下を招く恐れがあり、地温を下げて発生期間を短くしかねないとする。

 「地温が12度を切るとほぼ終わる。自然相手だが、地温が15度前後の状態をどれだけ長く保持できるかがポイントになる」と指摘。「この先しばらくは雨が降らず、少しずつ乾いていけば豊作の期待が高まってくる」とみる。自身の山では「マツタケ泥棒が例年以上に目立つ」といい、カメラを増設して監視を強めている。

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク