全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

マツタケ「豊作」に期待も雨の降りすぎ不安 上伊那地方

 マツタケの収穫期を迎えた上伊那地方。夏の猛暑と少雨の影響が心配されたが、9月にかけての気温低下と降雨で発生が本格化。不作だった昨秋と異なり直売所にも一定の量が入る。「松茸博士」として知られる伊那市の藤原儀兵衛さん(80)は「ここまでは悪くない。豊作も期待できそうだ」と予測。ただ、盆明けに見舞われた極度の低温や雨の”降りすぎ”など「不安要素もある」と言う。藤原さんの山仕事に同行して今後のポイントを聞いた。

 マツタケは地中の温度(地温)が19度以下になると発生に向けて芽が動き出す。その後、厳しい残暑で地温が再上昇すると芽が死んでしまうため、気温・地温が乱高下することなく緩やかに下がっていくのが理想という。

 発生地点は「シロ」と呼ばれ、藤原さんは「早いシロからは順調に出てきている」と現況を説明。株状となって発生した所もあり「豊作の年に見られるもの。いい兆し」とする。夏の記録的高温を経て大豊作となった2010年秋を例に出し「高温の度合いはあの年以上だが、雰囲気は良く似る」との見方を示す。

 ただ、10年と異なるのが盆明けの気温推移で、8月17~18日は、それまでの高温傾向から一転し、13度前後の日最低気温を観測。藤原さんの標高1000メートルの山では地温が17度まで急降下した。数日後から最高気温30度以上が連続しており、「戻り温度(地温再上昇)の影響を受けていなければいいが」と懸念。山によって作柄に差が出ているのでは―とも推測する。

 豊作年にはタイミングのいい雨があるが、伊那の9月の降水日数はここまで12日間もあり「降りすぎている」。腐りなどの品質低下を招く恐れがあり、地温を下げて発生期間を短くしかねないとする。

 「地温が12度を切るとほぼ終わる。自然相手だが、地温が15度前後の状態をどれだけ長く保持できるかがポイントになる」と指摘。「この先しばらくは雨が降らず、少しずつ乾いていけば豊作の期待が高まってくる」とみる。自身の山では「マツタケ泥棒が例年以上に目立つ」といい、カメラを増設して監視を強めている。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク