全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

金メダリスト高木菜那選手 下諏訪町に凱旋

下諏訪町役場玄関で多くの町民らに迎えれる高木菜那選手

 平昌五輪のスピードスケート女子団体追い抜きとマススタートで金メダルに輝いた高木菜那選手(25)=日本電産サンキョー=が2日、所属企業がある下諏訪町に凱旋し、町役場で開かれた五輪報告会に出席した。二つの金メダルを首から提げた高木選手が登場すると、庁舎前に集まった大勢の町民らが「おめでとう」と拍手で迎えた。

 庁舎内では町職員が「夢と感動をありがとう」などと記した横断幕を掲げて金メダリストを歓迎。日本電産サンキョー関係者と町幹部が出席した報告会で、青木悟町長から花束を受け取った高木選手は「地域の皆さんや会社の支えがあって取れた金メダル。たくさんの方々に応援していただき、それが力になった」と感謝を述べた。

 青木町長は身長155センチと小柄な高木選手が体格の大きい外国人選手に勝ったレースを振り返りながら「素晴らしいレースだった。多くの町民に勇気や感動を与えてくれた」とあいさつ。日本電産サンキョーの平沢賢司社長も「小さな体で大きなことをやってくれた。会社の誇りであり、下諏訪町の誇り、日本の誇りだ」と快挙をたたえた。

 高木選手はオフシーズンの体力づくりで週2、3回は諏訪湖1周ランニングに取り組み、自転車で和田峠を上るトレーニングも積んだといい「つらいことも多かったが、この地でやったトレーニングがあったから今がある」と諏訪地方への思いを口にし、地域の子どもたちに向けては「まずはスケートが楽しいスポーツだと知ってもらいたい」と話した。

 報告会を終えた高木選手は子どもたちに囲まれてサイン攻めに。バレー部の仲間とともにノートにサインをもらった下諏訪中1年の小口萌子さんは「あんなに小柄なのに金メダルなんてすごい。サインは額に入れて宝物にします」と感激していた。

関連記事

アプリ使い曲作りに挑戦

豊橋で小中学生  「目指せ!令和の古関裕而」と題した子ども向け作曲体験会が8日、豊橋市西幸町の豊橋サイエンスコアであった。NHK連続テレビ小説「エール」にちなんで市が企画。子どもたちは音楽...

荘内日報社

レジ袋削減へ「あずま袋」製作

 昨年度の日本政策金融公庫主催「高校生ビジネスプラン・グランプリ」で、上位100件のアイデアに贈られる「ベスト100」に選ばれた酒田市の酒田光陵高校ビジネス流通科3年の佐藤海月(みつき)さん(17)のプラン...

来訪準備は2週間前から コロナ禍「島旅のしおり」 奄美大島5市町村

 鹿児島県の奄美大島5市町村は7日までに、コロナ禍で奄美旅行を楽しむための「島旅のしおり」を作成し、各市町村ホームページ(HP)に掲載した。新型コロナウイルスの潜伏期間を考慮し、来島2週間前から...

宇部日報社

宇部大空襲の記憶伝える看板

 宇部大空襲(1945年4月26日~8月5日)から75年。焼夷(しょうい)弾による火の雨で焼け野原となった地元の悲惨さを後世に伝えようと東岐波の前田自治会(嶋村伸矢会長)は7日、前田集会所にある...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク