全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖力泳、浄化を実感 初のアクアスロン記録会

諏訪湖ヨットハーバー付近をスタートし、諏訪湖を泳ぐ選手たち

 県トライアスロン協会は16日、水泳とランニングを連続して行う競技「アクアスロン」の記録会を初めて諏訪湖や湖周を会場に開いた。10月7日に福井県で行われる福井国体のトライアスロン競技に出場する長野県代表4人(男女各2)と、参加を希望した同協会会員11人の計15人(男子12、女子3)が県内各地から出場。水泳は諏訪湖を力強く泳ぎ、好記録を目指した。

 「第1回諏訪湖記録会(アクアスロン)」の名称で、国体出場選手の強化が主な目的。普段の水泳練習はプールを使うことが多く、福井国体では海が会場となることから、広大な水面を遠くの目標物に向かって泳ぐ経験をする場にと設けた。同協会は「水質が浄化されている」として、諏訪湖を会場に選んだ。

 水泳は750メートルで、選手は諏訪市の諏訪湖ヨットハーバー付近から泳ぎ始め、湖上に設定された三角形のコースを2周してヨットハーバーに戻った。ランニングは水中から上がるとランニングシューズを履き、すわっこランドの先で折り返す5キロを走った。

 選手たちには諏訪湖は水中の水草が気になったものの、おおむね泳ぎやすかったと好評だった。男子はトライアスロンの県内強豪という立道国一さん(30)=松本市=が優勝し、「こういうイベントを通してもっと水質浄化につながっていけばいい」と期待。女子優勝は国体出場選手の飯田芽衣さん(26)=長野市=で、小学校時代に諏訪市で2年間ほど暮らし、諏訪湖になじみがあるといい、「まさか諏訪湖で泳ぐとは思ってもみなかったが、臭いも汚い感じもなかった」と笑顔だった。

 同協会は諏訪湖での記録会を今後も続けていきたい考え。中嶋茂樹副理事長(58)=佐久市=は「将来はできればトライアスロンが行えたら」と話した。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク