全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

熱中症対策で室内練習 小中学校が運動会シーズン

エアコンの効いたひがし公民館の大集会室で組み体操の練習をする児童(田辺市南新万で)

 田辺・西牟婁の小中学校が運動会シーズンを迎えた。今年は特に暑い日が続いたことから、運動会の種目を減らしたりエアコンの設置された室内で練習に取り組んだりして、各学校で熱中症対策に力を入れている。

 和歌山県上富田町の岡小学校(前山賢一校長、101人)は体力のない低学年を配慮し、長時間の練習が必要な1~3年生の全員リレーを取りやめた。同校は地域と合同で運動会を開いており、一般の種目も一つ減らした。  前山校長は「子どもたちの負担が大きいので、来年からは運動会の開催時期を見直すことも考えないといけない」と話している。  田辺市南新万の田辺東部小学校(林義久校長、353人)は運動場や体育館以外に、隣接するひがし公民館の大集会室で運動会の練習に取り組んでいる。部屋にはエアコンが設置されており、快適に練習できている。  公民館と調整し、他の団体が使わないときに1学年ずつ使っている。少なくとも5年前から大集会室を活用しているという。  組み体操の練習をした6年生の尾原心君(11)は「エアコンの効いた部屋での練習は体力の消耗を少なくできるし、集中できるのでうれしい」と話した。  他の学校でも暑い時間帯を避けて練習したり、児童にこまめに水分補給を呼び掛けたりして対策を取っている。  一方で夏の暑さが残る9月の運動会開催をやめ、1学期に移す学校もある。白浜町では白浜第一小、白浜第二小、日置小が6月に運動会を開いた。  白浜第一小は2016年、耐震工事のため運動会の練習で体育館を使用できなくなり、日程を変更。練習の時期や当日が以前よりも暑くなく、保護者からも好評だったことから続けているという。

関連記事

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク