全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

国内最大規模の花と緑の祭典、山口ゆめ花博開幕

大福餅をまく石川選手ら(14日午前9時40分すぎ、きらら博記念公園で)

 国内最大規模となる花と緑の祭典、第35回全国都市緑化やまぐちフェア(山口ゆめ花博)が14日、山口市阿知須のきらら博記念公園で開幕した。午前9時の開場と同時に1000人を超える来場者が満開の花々が咲き誇る会場に足を踏み入れた。11月4日までの52日間、1000万本の花と魅力あふれる八つのゾーン、1700を超える多彩なイベントが楽しめる。メインゲート前で行われたオープニングセレモニーでは、阿知須地区の周防千鳥太鼓保存会と県警音楽隊による演奏に続いて、村岡嗣政知事が「このゲートの向こうには未来公園が広がっている。見て、楽しんで、感じて、一生の思い出を持ち帰って」と初日の来場を歓迎した。村岡知事、渡辺純忠山口市長、都市緑化機構の輿水肇理事長、国土交通省の長井俊彦大臣官房審議官、県議会の柳居俊学議長、山口市出身で卓球女子の石川佳純選手ら8人がテープカットして開幕を祝った。

 メインゲートが開くと、早朝から並んでいた多くの県民らが入場。まずは華道家の假屋崎省吾さんらが手掛けた「19市町の花通り」で在住市町のモニュメントを確認し、花の谷ゾーンの大花壇に咲き誇る古里の花々を満喫した。一番乗りは前日の午後11時から並んだ兵庫県神戸市の男性。緑化フェアマニアを名乗り、1992年の第9回から毎年訪れているという。「山口きらら博(2001年)では4番目だったので、同じ会場での博覧会で一番になれてうれしい」と喜んでいた。セレモニーの出席者らは森のピクニックゾーンにある森のステージに移動し、手を伸ばす来場者に向かって、1000個の大福餅をまいた。石川選手はサイン入りの卓球のボールをラケットで打ち込み、来場者を喜ばせた。

関連記事

リトアニア代表が豊小と交流

豊橋市総合体育館で児童らとゴールボール試合  2020年東京五輪・パラリンピックへ向けたトレーニングキャンプをホストタウンの豊橋市で行っている欧州リトアニアのゴールボール代表は24日、同市総合体育...

荘内日報社

公益大 モンゴルに派遣の3人が帰国報告会

 今年3月、モンゴルの首都・ウランバートルにある国際協力機構(JICA)機関の一つ「モンゴル日本人材開発センター」でインターンシップを行った、東北公益文科大学(酒田市)の学生3人による報告会が22日夕...

紀伊民報社

令和改元で特設窓口 印南町

 和歌山県印南町は、令和への改元に伴い婚姻届と出生届が増えることが予想される祝日の5月1日、住民福祉課の受付窓口を特設する。通常の休日は宿直が対応しているが、この日は職員を増員し、記念撮影用のブ...

3号機打ち上げ準備完了 IST「MOMO」 大樹

 大樹町内のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST、稲川貴大社長)は23日、町浜大樹の実験場で観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げを想定した最終リハーサルを行った。燃料...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク