全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

マツタケの季節到来

産直市場グリーンファームに並んだマツタケ。1日15~20キロが入荷されるようになった

伊那市ますみケ丘の産直市場グリーンファームに、秋の味覚の王様・マツタケが並び始め、店内に豊かな香りが広がっている。上伊那地方で収穫された地物が中心で13日は約20キロ、前日には30キロ弱を入荷。「お吸い物にしたい」とさっそく買い求める客も見られた。

今年は8月下旬から持ち込まれ「出足は早め」。いったん滞ったが、ここにきて1日15~20キロほどが入荷されるようになり、特設コーナーには大ぶりなマツタケもお目見えしている。

古牧貴志店長は「(全県的に記録的な不作だった)昨年秋とは異なり、今年は普通には出ている印象。持ち山からの入荷がまだ少ないが、今後に期待したい」。13日にマツタケを持ち込んだ地元の男性は、山の状況について「いい場所と悪い所がはっきりしている。先が読めない」と話していた。

同店によると、雑キノコはサクラシメジやホウキタケなどが豊作基調となっている一方で、人気のハナイグチ(ジコボウ)やショウゲンジ(コムソウ、ズボウ)の入荷はいまのところ低調という。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク