全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

マツタケの季節到来

産直市場グリーンファームに並んだマツタケ。1日15~20キロが入荷されるようになった

伊那市ますみケ丘の産直市場グリーンファームに、秋の味覚の王様・マツタケが並び始め、店内に豊かな香りが広がっている。上伊那地方で収穫された地物が中心で13日は約20キロ、前日には30キロ弱を入荷。「お吸い物にしたい」とさっそく買い求める客も見られた。

今年は8月下旬から持ち込まれ「出足は早め」。いったん滞ったが、ここにきて1日15~20キロほどが入荷されるようになり、特設コーナーには大ぶりなマツタケもお目見えしている。

古牧貴志店長は「(全県的に記録的な不作だった)昨年秋とは異なり、今年は普通には出ている印象。持ち山からの入荷がまだ少ないが、今後に期待したい」。13日にマツタケを持ち込んだ地元の男性は、山の状況について「いい場所と悪い所がはっきりしている。先が読めない」と話していた。

同店によると、雑キノコはサクラシメジやホウキタケなどが豊作基調となっている一方で、人気のハナイグチ(ジコボウ)やショウゲンジ(コムソウ、ズボウ)の入荷はいまのところ低調という。

関連記事

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

宇部日報社

参道にヒガンバナ4万本

 山口市上小鯖の鰐鳴八幡宮(古屋倫史宮司)で、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれるヒガンバナが見頃を迎え、訪れた人の目を楽しませている。約200メートルの参道の両側に4万本ものヒガンバナが群生...

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

長野日報社

幸せの「高遠ダムパフェ」味わって 11月末まで限定提供

 伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク