全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

店主ら「やり直したい」 むかわ町鵡川地区商店街に大きな被害

倒壊した中央通りの商店

 震度6強を記録したむかわ町では、鵡川地区市街地の商店街で、多くの店が倒壊、半壊するなど大きな被害が出てている。がれき撤去などの作業が進められているが、町並みが変容してしまう懸念もあり、町は復興に全力を挙げる。

 同町のまとめによると町内の建物被害は倒壊6件、倒壊の恐れのあるもの14件、その他大きな損傷を受けたもの11件で、多くが商店や金融機関、農協の施設などが立ち並ぶ中央通り東側に集中している。

 鵡川特産のシシャモの販売店や明治以来の歴史的建造物などもあり、それらの多くが全半壊したり、傾いたり、壁や窓が損傷したりした。

 すでに後片付けが始まっているが、地域住民は「くしの歯が抜けたようになってしまう」と不安げ。3年前に立ち上げた店舗兼住宅が全壊した、たい焼き店「いっぷく堂」の店主工藤弘さん(65)は「これからという時に残念極まりない」と悔しさをにじませ、「更地にして何とかやり直したい」と決意を述べた。

 未曽有の被害に竹中喜之町長は「支援の手を含めて力を結集し、復興に全力を挙げたい」と語った。

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク