全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

店主ら「やり直したい」 むかわ町鵡川地区商店街に大きな被害

倒壊した中央通りの商店

 震度6強を記録したむかわ町では、鵡川地区市街地の商店街で、多くの店が倒壊、半壊するなど大きな被害が出てている。がれき撤去などの作業が進められているが、町並みが変容してしまう懸念もあり、町は復興に全力を挙げる。

 同町のまとめによると町内の建物被害は倒壊6件、倒壊の恐れのあるもの14件、その他大きな損傷を受けたもの11件で、多くが商店や金融機関、農協の施設などが立ち並ぶ中央通り東側に集中している。

 鵡川特産のシシャモの販売店や明治以来の歴史的建造物などもあり、それらの多くが全半壊したり、傾いたり、壁や窓が損傷したりした。

 すでに後片付けが始まっているが、地域住民は「くしの歯が抜けたようになってしまう」と不安げ。3年前に立ち上げた店舗兼住宅が全壊した、たい焼き店「いっぷく堂」の店主工藤弘さん(65)は「これからという時に残念極まりない」と悔しさをにじませ、「更地にして何とかやり直したい」と決意を述べた。

 未曽有の被害に竹中喜之町長は「支援の手を含めて力を結集し、復興に全力を挙げたい」と語った。

関連記事

長野日報社

ツリーハウスをクラウドファンディングで 飯島中1年1組が挑戦

 長野県の飯島町飯島中学校1年1組の27人が、インターネットで幅広く支援を募る「クラウドファンディング(CF)」を活用して、町図書館の隣接地に幼い子どもたちが集うツリーハウスを建設しようと取り...

新城市役所に「しんしろギャラリーカフェ」

市の名前由来になった「城」の模型展示  新城市役所本庁舎1階に21日、市の名前の由来になったとされる「新城城(しんしろじょう)」の復元模型の展示と関連する和菓子の販売をする「しんしろギャラリーカフェ...

荘内日報社

鶴岡市加茂地区で戦後から親しまれた 「うさぎやのコロッケ」復活へ

 鶴岡市加茂地区で戦後から60年ほどの間親しまれた「うさぎやのコロッケ」を地域の特産として復活させようと、地元住民らが活動している。20日、加茂コミュニティセンターで試作・試食会があり、素朴なジャガイ...

宇部日報社

レノファ山口が新体制を発表

 サッカーJ2レノファ山口FCの新体制発表会が20日、宇部市の記念会館で開かれた。2019シーズンのスローガン「ORANGE SOUL―山口を魂で染め上げろ」が発表されたほか、新加入選手10人があ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク