全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

パンダリレーの旅 代役「すさみん」ゴール

最終走者となった小西ゆかりさん(右)から「すさみん」の人形を受け取る西川福美さん=すさみ町江住

 ぬいぐるみを人から人へ渡してつなごうという紀南の有志団体による企画「パンダリレーの旅」は10日、和歌山県すさみ町のキャラクター「すさみん」の人形が町に返ってきたことでゴールとなった。当初はパンダのぬいぐるみを6月に白浜町からスタートさせたが「行方不明」になり、団体が7月、すさみんの人形を送り出していた。  有志団体「紀州ひろげ隊」の企画。受け取った人にソーシャルメディアで写真を投稿してもらい、和歌山の魅力を発信しようと考えた。ぬいぐるみ(人形)のほか、みなべ町や田辺・西牟婁の各市町の情報を載せたチラシを入れたバッグをバトンにした。  すさみんの人形は出発後、和歌山市や兵庫県西宮市、大阪市などを経て、すさみ町に戻った。最終走者となった田辺市新庄町の会社取締役小西ゆかりさん(46)を含め、男女9人が人形をつないだという。  すさみ町江住の「道の駅すさみ」でリレーのゴールを記念する式典があり、団体のメンバーらが小西さんを迎えた。小西さんは「最後のランナーになれて光栄に思う。すさみんが無事に返ってよかった」と話した。  すさみんの人形を受け取った紀州ひろげ隊会長の西川福美さん(64)=白浜町=は「人形を受け取った中には、パンフレットを見て『行きたい』と投稿してくれた人もいた。すさみんの『大活躍』に感謝したい。これからもいろんな形で紀州の魅力を発信していきたい」と話した。  パンダのぬいぐるみは6月11日に出発したが、2週間後に行方が分からなくなった。

関連記事

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

「なつぞら」の十勝でバス旅 PR映像を公開

 路線バスを利用する旅を映像で紹介する「バスタビ北海道」の第5弾が、十勝を舞台に制作された。「北海道ファンマガジン」https://pucchinet/hokkaido/plan/bustabitokachiphpサイト内で公開されている。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク