全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

パンダリレーの旅 代役「すさみん」ゴール

最終走者となった小西ゆかりさん(右)から「すさみん」の人形を受け取る西川福美さん=すさみ町江住

 ぬいぐるみを人から人へ渡してつなごうという紀南の有志団体による企画「パンダリレーの旅」は10日、和歌山県すさみ町のキャラクター「すさみん」の人形が町に返ってきたことでゴールとなった。当初はパンダのぬいぐるみを6月に白浜町からスタートさせたが「行方不明」になり、団体が7月、すさみんの人形を送り出していた。  有志団体「紀州ひろげ隊」の企画。受け取った人にソーシャルメディアで写真を投稿してもらい、和歌山の魅力を発信しようと考えた。ぬいぐるみ(人形)のほか、みなべ町や田辺・西牟婁の各市町の情報を載せたチラシを入れたバッグをバトンにした。  すさみんの人形は出発後、和歌山市や兵庫県西宮市、大阪市などを経て、すさみ町に戻った。最終走者となった田辺市新庄町の会社取締役小西ゆかりさん(46)を含め、男女9人が人形をつないだという。  すさみ町江住の「道の駅すさみ」でリレーのゴールを記念する式典があり、団体のメンバーらが小西さんを迎えた。小西さんは「最後のランナーになれて光栄に思う。すさみんが無事に返ってよかった」と話した。  すさみんの人形を受け取った紀州ひろげ隊会長の西川福美さん(64)=白浜町=は「人形を受け取った中には、パンフレットを見て『行きたい』と投稿してくれた人もいた。すさみんの『大活躍』に感謝したい。これからもいろんな形で紀州の魅力を発信していきたい」と話した。  パンダのぬいぐるみは6月11日に出発したが、2週間後に行方が分からなくなった。

関連記事

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみ...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「...

長野日報社

「居酒屋公民館」を体感 伊那市横山で交流ツアー

 伊那市横山で16日、横山公民館での寄り合い「居酒屋公民館」を体感してもらう交流ツアーがあった。市内外からの参加者と横山区民、市職員ら約40人が、住民たちが用意した心づくしの料理を囲んで歓談。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク