全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

萩市で現代ガラス展の特別巡回展

ガラス作品を鑑賞する来館者たち(県立萩美術館・浦上記念館で)

 第7回現代ガラス展の特別巡回展が11日、萩市の県立萩美術館・浦上記念館で始まった。ガラス展の出品作品を市外で披露するのは初めてで、山陽小野田のガラス文化を広く発信する。来館者は入賞作など計26点に見入っていた。24日まで。ガラス展実行委員会と山陽小野田市が主催。通常は陶磁器や伝統工芸品が置かれる陶芸館展示室に、8月26日までおのだサンパークに展示した入賞作16点、歴代の大賞と準大賞9点を並べた。入り口付近にはガラス文化の発展に尽くした故竹内傳治さんの作品と技法や歴史を紹介するパネルを添えた。

 11日には萩市の明倫小の2年生101人が社会科見学で訪れ、「すごいね」と色使いや形に驚いていた。おのだサンパークで鑑賞した児童もおり、石田慎さんの「魂の叫び」が印象に残ったという小中颯眞君は「頭蓋骨の形をしていて迫力がある。以前見たときとは雰囲気が違う気がする」と話した。大小17のガラスケースに収められた作品は、照明を受けて暗がりに浮かび上がっている。ガラス造形作家の西川慎さんと学芸員が美術館ならではの充実した設備を使い、美しさを引き立てる演出を考えた。自作を見ようと訪れた作家も喜んでいたという。時間は午前9時~午後5時(入館は同4時半)。24日と休祝日をのぞいて月曜休館。

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク