全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

萩市で現代ガラス展の特別巡回展

ガラス作品を鑑賞する来館者たち(県立萩美術館・浦上記念館で)

 第7回現代ガラス展の特別巡回展が11日、萩市の県立萩美術館・浦上記念館で始まった。ガラス展の出品作品を市外で披露するのは初めてで、山陽小野田のガラス文化を広く発信する。来館者は入賞作など計26点に見入っていた。24日まで。ガラス展実行委員会と山陽小野田市が主催。通常は陶磁器や伝統工芸品が置かれる陶芸館展示室に、8月26日までおのだサンパークに展示した入賞作16点、歴代の大賞と準大賞9点を並べた。入り口付近にはガラス文化の発展に尽くした故竹内傳治さんの作品と技法や歴史を紹介するパネルを添えた。

 11日には萩市の明倫小の2年生101人が社会科見学で訪れ、「すごいね」と色使いや形に驚いていた。おのだサンパークで鑑賞した児童もおり、石田慎さんの「魂の叫び」が印象に残ったという小中颯眞君は「頭蓋骨の形をしていて迫力がある。以前見たときとは雰囲気が違う気がする」と話した。大小17のガラスケースに収められた作品は、照明を受けて暗がりに浮かび上がっている。ガラス造形作家の西川慎さんと学芸員が美術館ならではの充実した設備を使い、美しさを引き立てる演出を考えた。自作を見ようと訪れた作家も喜んでいたという。時間は午前9時~午後5時(入館は同4時半)。24日と休祝日をのぞいて月曜休館。

関連記事

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今...

帯広農高生が育てた小豆でどら焼き 同窓会が卒業記念に贈呈

 農業高校ならではの思い出の品を-。1日卒業の帯広農業高校(佐藤裕二校長、生徒567人)の3年生185人に2月29日、同窓会の勝農会(中村健一会長)が記念品として、生徒が生産した小豆を使用した「ど...

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるま...

宇部日報社

市内高校で卒業式、宇部中央で129人が巣立つ 最初で最後の校歌斉唱【宇部】

 宇部市と山陽小野田市の公・私立高校11校で1日、卒業式が行われた。会場には恩師や保護者からの「おめでとう」があふれ、生徒たちは希望を胸に晴れやかな表情で学びやを巣立った。  宇部中央(河村...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク