全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

頑張れ氷都苫小牧/アイホ関係者ら横断幕【釧路】

 6日未明の胆振東部地震の発生に伴う長時間の停電で、白鳥王子アイスアリーナなどが使えなくなっている苫小牧を応援しようと、釧路のアイスホッケー関係者らが、立ち上がった。日本製紙アイスアリーナにエールを送る横断幕を掲示。今後、寄せ書きや募金活動なども検討している。

北海道アイスホッケー連盟などによると、道内の主要リンクのうち、地震による停電で11日現在、苫小牧の白鳥王子アイスアリーナとダイナックス沼ノ端アイスアリーナ、札幌の月寒体育館は、氷を作り直さなければならず、いずれも、再開時期は未定という。このほか、スピードスケートについても、帯広の十勝オーバルが被害を受けて製氷やり直しとなり、完成まで1カ月半を要するという。

 震源地に近い苫小牧は、アイスホッケーが盛んで、釧路と「氷都」の名を争うとともに、国内の氷上競技をけん引してきた仲間だが、シーズン本番を前に甚大な影響が出ている。特に、アジアリーグに参戦している王子イーグルスは8日から6試合が組まれていた韓国遠征、さらに、22、23の両日に予定していた本拠地・白鳥王子アイスアリーナでの日本製紙クレインズ戦も延期した。小中学校、高校、社会人、女子の各チームについても、満足な氷上練習ができない状況に陥っている。

 釧路市内では、春採アイスアリーナが8日、大進スケートセンターは9日、日本製紙アイスアリーナと柳町アイスホッケー場は10日に営業を再開した。道内のアイスホッケー界で、いち早く復旧した釧路では、選手と指導者、ファンが、好敵手・苫小牧を激励しようと、長さ約10㍍、幅約1㍍の横断幕を製作。営業再開した10日、日本製紙アイスアリーナに掲げた。文面は「俺たちは待っている!再び苫小牧の地で熱い戦いを!LOVE HOCKEY 頑張れ氷都苫小牧!」。

 横断幕作りに携わった、クレインズの私設サポーターつるっ子マニアの寺山博道代表は「スピード感を持って、自分たちにできることは、まず、励ますことだと思って動いた。日本製紙アイスアリーナで練習した選手たちが撮影して、どんどんシェアしてほしい」と話している。今後、クレインズや地元関係団体と協力して、苫小牧の復興支援に取り組む方針。

関連記事

「アニアニまある」に新しい仲間を

豊川市ふるさと納税のクラウドファンディングでポニー購入へ  豊川市がふるさと納税制度を使ったクラウドファンディングで資金を募り、赤塚山公園(市田町)のふれあい動物広場「アニアニまある」に新...

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク