全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

2年ぶり伝統漁法「やな漁」 中川村

中川村の天竜川左岸で始まった伝統漁法の「やな漁」

 中川村の天竜川の天の中川橋上流左岸で10日夜、産卵のために川を下る落ちアユを狙った伝統漁法「やな漁」が始まった。伊那谷唯一のやな場で、村では約30年前から続く秋の風物詩。2年ぶりの再開となる今季は、地元の有志グループが新たなやな場を設けて10月下旬まで漁を楽しむ。

 やな場は地元グループが補修しながら使ってきたが、昨秋の大水でほぼ壊滅してしまった。今年6月に漁の再開を目指す元メンバーで「天竜川の美しいヤナ風景を守る会」を結成。県の地域発元気づくり支援金(約270万円)の採択を受けて、長さ8メートル、幅6メートルのやな場を完成させた。

 やな漁はメンバーが毎晩交代番をしながら落ちアユなどを回収しており、初日は漁の開始直後から体長23センチのオスのアユをゲット。メンバーらは2年ぶりの漁再開に笑顔を見せていた。会によると、近年はアユの数が減る一方、外来魚のブルーギルやコクチバスなどが増えているという。

 会では10月7日に子どもらが漁を体験する恒例の「やな祭り」を開催する予定。米山正克会長(60)=同村大草=は「子どもたちの思い出づくりとして、天竜川に親しむ機会になれば」と話している。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク