全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋文化賞と奨励賞決まる

 豊橋市内で優れた文化活動を行っている個人、団体を表彰する豊橋文化賞に日本舞踊家の西川鯉廣さん㊨(86)=同市野田町、豊橋文化奨励賞に声楽家の田辺菜美子さん㊧(45)=同市天伯町=が選ばれた。

 豊橋文化振興財団が2001(平成13)年から毎年、選出している。  西川さんは1956(昭和31)年に西川流「鯉廣会」を設立。公演に継続的に出演するとともに、定期的にリサイタルを開催するなど、60年以上にわたり日々稽古に精進し、たゆまぬ努力で芸の道を究めてきた。芸に対する純粋で真摯な姿勢は美しく品のある舞踊に結実するとともに、多くの後進の模範となり、後継者育成にも尽力するなど、地域における日本舞踊の継承発展に多大な貢献をした。    一方、田辺さんはソプラノ歌手としてリューベックオペレッタ劇場、カッセル歌劇場のオペラガラコンサートなど多くの公演に出演し、高い評価を得る一方で、豊橋少年少女合唱団では指導者として次世代の育成にも尽力、今後の音楽文化振興に大きく貢献することが期待されている。  表彰式は29日、豊橋市民文化会館で開かれる豊橋文化祭のオープニングで行う。

関連記事

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

宇部日報社

参道にヒガンバナ4万本

 山口市上小鯖の鰐鳴八幡宮(古屋倫史宮司)で、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれるヒガンバナが見頃を迎え、訪れた人の目を楽しませている。約200メートルの参道の両側に4万本ものヒガンバナが群生...

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

長野日報社

幸せの「高遠ダムパフェ」味わって 11月末まで限定提供

 伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク