全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

農作業の苦労知る 小学生が稲刈り体験

自分たちで植えた稲を刈る児童(古座川町池野山で)

 和歌山県古座川町高池小学校の5、6年生26人が6日、同町池野山の田んぼ(約1・5アール)で稲刈りをした。5月に自分たちで植えたもち米「かぐらもち」を鎌で刈り取り、ひもで束ねてさおに干した。  子どもたちに農作業の大変さを知る機会をと始まり16年目。総合的な学習の時間を充てて草取り、脱穀、精米などもしている。今回収穫したもち米約40キロは、来年1月中旬に同校で開く餅つき大会で食べる予定。  稲刈り作業は田んぼを貸している淡佐口幸男さん(66)をはじめ、近くで暮らす奥根公平さん(85)、中根和夫さん(67)らも手伝った。淡佐口さんは「今年は天候が良かったので、病気も少なく、実りが良い」と話した。  児童会長の6年生、畦智球斗君(11)は「稲刈りを体験することで米一粒一粒を大事にせなあかんと思うようになった」、稲刈りを手伝った大畑眞校長は「この授業を通して、地域住民とも交流を深めてもらえれば」と話した。

関連記事

「アニアニまある」に新しい仲間を

豊川市ふるさと納税のクラウドファンディングでポニー購入へ  豊川市がふるさと納税制度を使ったクラウドファンディングで資金を募り、赤塚山公園(市田町)のふれあい動物広場「アニアニまある」に新...

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク