全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

トラック物流回復進む 燃料に不安も 十勝

道央向けにジャガイモ配送の準備を行う「たけむら」の社員。徐々に通常通りのトラック輸送に戻りつつある

 胆振東部地震を受けて輸送が滞っていた管内物流業者によるトラック輸送は、徐々に通常通りの輸送体制に戻っている。燃料の確保を不安視する声もあるが、停電の復旧により荷主側や配送先の受け入れ体制も通常通りに戻りつつあり、輸送量もほぼ通常並みまで回復している業者もある。

 運送業のたけむら(芽室)は、大型トラックで道央から十勝へ食品類を配送する。道内全域で電力がほぼ復旧した9日から、本格的に配送業務を再開。大手スーパーの拠点がある江別市まで従来と同様に14台の車両を送り、各店へ配送する体制を取っている。

 同社によると、現地で積み込む荷物の量は通常よりも少ない状態だが、道央からの輸送量は通常時の8、9割ほど。11日も、卵などを市内スーパーに配送した。

 市内スーパーに豆腐、生鮮食品などを配送する米澤通商(芽室)は、スーパーが営業を再開したことで、週明けからの輸送量が通常の8割ほどまで戻っている。同社は燃料の確保にも苦心したといい、森脇登取締役管理本部長は「数量はまだ限定的だが、まず燃料の確保ができてよかった」とする。

 ただ一部関係者によると、運送業者が自社で持つ給油タンクにはまだ燃料が補給されていない状況もあるという。

 十勝地区トラック協会の奥野一男専務理事は「一部燃料の不安もあるが、生産体制や店側の受け入れ体制が元に戻れば、輸送量も通常並みに戻るのでは」と話す。

関連記事

「アニアニまある」に新しい仲間を

豊川市ふるさと納税のクラウドファンディングでポニー購入へ  豊川市がふるさと納税制度を使ったクラウドファンディングで資金を募り、赤塚山公園(市田町)のふれあい動物広場「アニアニまある」に新...

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク