全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

まき背負い山道駈ける 西駒んボッカ

西駒山荘へ運ぶまきを背負って、スタートする出場者たち

 中央アルプス将棊頭山(標高2730メートル)頂上直下の山小屋「西駒山荘」へ、まきを背負って駆け上がるレース「西駒んボッカ」(西駒こまくさ会主催)が9日、伊那市横山の鳩吹公園を出発点に開かれた。県内外から131人が出場し、新設の重さ15キロ部門には47人が参加。遭難事故防止や環境保全への思いを込め、山荘のまきストーブの燃料を人力で運ぶ過酷なレースに挑んだ。

 山荘の建て替えを記念し2013年に始まったレース。16年までレンガを運んでいたが目標数に到達したため、昨年から、山荘の暖房用に使うまき(重さ3キロ)に変更。今年は「限界を目指す」重さ15キロ部門も設けた。

 コースは同公園を出発し、桂小場登山口から山小屋へ向かう計11・6キロで、標高差は1750メートル。台風の影響による不通箇所が一部あり、迂回路を整備し実施。ランナーは息を切らしながら難所を乗り越え、ゴールを目指した。

 「限界に挑戦したい」と女子15キロの部に出場し優勝した江口友恵さん(36)=京都府=は「思うように脚が上がらなかったけれど、根性を出して頑張った。運んだまきが、登山客の体を温めるのに役立てばよいですね」と話した。

関連記事

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

限定の特大シジミ 大樹・生花苗沼で一日だけの漁

 大樹町内の生花苗沼(オイカマナイトー)で17日、1年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は、殻長が5センチ以上になる特大サイズのシジミを、泥の中から懸命に手で掘り出していた。  大樹...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク