全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

おなごりフェス 祭り競演にぎやかに

11年ぶりに出演した青森県八戸市の八戸三社大祭。迫力たっぷりの山車が観衆を楽しませた(能代市の畠町通りで)

 「第31回おなごりフェスティバルin能代2018」は8日、能代市の畠町通りで開かれた。県内外から参集した9団体がにぎやかに通りを練り歩き、能代の夏を盛大に締めくくった。豪華絢爛(けんらん)な山車が観衆を楽しませた招へい団体の八戸三社大祭(青森)をはじめ、浅草サンバカーニバル(東京)や青森ねぶた、盛岡さんさなど常連組も躍動。31年目の今年も全国各地から大勢の観客が訪れ、さまざまな祭りの〝競演〟に熱い視線を送った。また、日中イベントも多彩に行われ盛況だった。

 この日は午後5時30分からのオープニングセレモニーに続き、秋田銀行女子バスケットボール部や北都銀行バドミントン部の選手、能代市のバスケスポ少・向能代ストーンズ、能代バドミントンクラブの選手らのパレードで幕を開けた。
 招へい団体の八戸三社大祭は、11年ぶり3回目の出演。毎年7月31日から8月4日までの5日間、八戸市で27の町内が山車を運行している祭りで、おなごりフェスには同市の長横町粋組のメンバー21人が笛や太鼓で囃子(はやし)を奏でながら練り歩き、引き手には能代市内の中高生など総勢約90人が〝加勢〟した。
 山車のテーマは「庚申(こうしん)山の化け猫退治」。江戸時代後期の大長編読本「南総里見八犬伝」で書かれた化け猫退治の場面をイメージした作品という。高さ、幅各3・8㍍、奥行き6㍍の迫力満点の化け猫などを飾り付けた山車が観客の目を引いた。
 大勢のはねとたちが「ラッセーラー、ラッセーラー」と威勢よく声を張り上げた青森ねぶた、軽快に太鼓を叩(たた)いて舞う盛岡さんさ、情熱的なダンスの浅草サンバカーニバル、日本三大ばやしに数えられる鹿角市の花輪ばやし、差し手の妙技が光る秋田竿燈、地元の能代七夕(一中若・二中若)、秋田おなごり音頭の常連組もおなごりフェスを盛り上げた。
 全国各地から訪れた観客は出演者に手を振ったり、熱心に写真を撮影したりと思い思いに祭りを楽しみ、畠町通りには笑顔が広がった。
 フィナーレでは花火を打ち上げ、能代の夜空に大輪の花を咲かせた。

関連記事

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

宇部日報社

参道にヒガンバナ4万本

 山口市上小鯖の鰐鳴八幡宮(古屋倫史宮司)で、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれるヒガンバナが見頃を迎え、訪れた人の目を楽しませている。約200メートルの参道の両側に4万本ものヒガンバナが群生...

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

長野日報社

幸せの「高遠ダムパフェ」味わって 11月末まで限定提供

 伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク