全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

おなごりフェス 祭り競演にぎやかに

11年ぶりに出演した青森県八戸市の八戸三社大祭。迫力たっぷりの山車が観衆を楽しませた(能代市の畠町通りで)

 「第31回おなごりフェスティバルin能代2018」は8日、能代市の畠町通りで開かれた。県内外から参集した9団体がにぎやかに通りを練り歩き、能代の夏を盛大に締めくくった。豪華絢爛(けんらん)な山車が観衆を楽しませた招へい団体の八戸三社大祭(青森)をはじめ、浅草サンバカーニバル(東京)や青森ねぶた、盛岡さんさなど常連組も躍動。31年目の今年も全国各地から大勢の観客が訪れ、さまざまな祭りの〝競演〟に熱い視線を送った。また、日中イベントも多彩に行われ盛況だった。

 この日は午後5時30分からのオープニングセレモニーに続き、秋田銀行女子バスケットボール部や北都銀行バドミントン部の選手、能代市のバスケスポ少・向能代ストーンズ、能代バドミントンクラブの選手らのパレードで幕を開けた。
 招へい団体の八戸三社大祭は、11年ぶり3回目の出演。毎年7月31日から8月4日までの5日間、八戸市で27の町内が山車を運行している祭りで、おなごりフェスには同市の長横町粋組のメンバー21人が笛や太鼓で囃子(はやし)を奏でながら練り歩き、引き手には能代市内の中高生など総勢約90人が〝加勢〟した。
 山車のテーマは「庚申(こうしん)山の化け猫退治」。江戸時代後期の大長編読本「南総里見八犬伝」で書かれた化け猫退治の場面をイメージした作品という。高さ、幅各3・8㍍、奥行き6㍍の迫力満点の化け猫などを飾り付けた山車が観客の目を引いた。
 大勢のはねとたちが「ラッセーラー、ラッセーラー」と威勢よく声を張り上げた青森ねぶた、軽快に太鼓を叩(たた)いて舞う盛岡さんさ、情熱的なダンスの浅草サンバカーニバル、日本三大ばやしに数えられる鹿角市の花輪ばやし、差し手の妙技が光る秋田竿燈、地元の能代七夕(一中若・二中若)、秋田おなごり音頭の常連組もおなごりフェスを盛り上げた。
 全国各地から訪れた観客は出演者に手を振ったり、熱心に写真を撮影したりと思い思いに祭りを楽しみ、畠町通りには笑顔が広がった。
 フィナーレでは花火を打ち上げ、能代の夜空に大輪の花を咲かせた。

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク