全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新たに5品「渥美半島たはらブランド」認定

 田原市は、渥美半島たはらブランドとして新たにトマトジュース、うどん、そば、サーモンの加工品など3社の5品を認定した。山下政良市長が各社の代表者に認定書を手渡した。  市内の法人、個人事業主から募り、田原らしさ、安全性などを審査、地域特性を生かした優れた産品などを同ブランドに認定している。2016(平成28)年度から始め、今回で118品となった。

 6回目の認定審査会で選ばれたのは、マーコ(保美町)の「とまとジュース」と「トマトあまざけスムージー」、初認定となったみうらや製麺(同)のうどん「あつみ御前」とそば「渥美の里」、林養魚(伊川津町)の「林サーモンフレーク生」。  とまとジュースは、樹上で完熟を通り越した“超完熟”させた無農薬トマト「とまとのこころ」(同ブランド認定)を使い、無塩、無添加のジュース。一方、トマトあまざけスムージーは、国産あまざけにブランド認定トマトのジュースをブレンドした。米の甘さとトマトの酸味がマッチし、さっぱりとした飲みごたえ。  「あつみ御前」は、昭和元年からの製麺技術により、小麦粉と塩、水だけの原材料に、こだわりの練りと熟成で丁寧に仕上げた生うどん。うどんを打つ水は湧水を使う。渥美半島の法事には「あつみ御前をつける」という風習も残り、郷土の味だ。  渥美の里も、この伝統の製麺技術で作られた生そば。平たく太く切られたそばは、半島の人たちにはなじみのある一品だ。  林サーモンフレーク生は、同ブランド認定の渥美プレミアムラスサーモンを使用。生のサーモンを冷凍のフレーク状にしてあり、温かいご飯にかけると、すぐに溶けてサーモン丼になる。  認定品は「たはらブランド」として売り出せるほか、市のホームページやパンフレットで紹介され、ふるさと納税の返礼品としても活用される。

関連記事

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

長野日報社

幸せの「高遠ダムパフェ」味わって 11月末まで限定提供

 伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレ...

紀伊民報社

熊野米台湾へ 田辺の米穀店が輸出

 和歌山県田辺市湊の駅前新通りにある米穀・炊飯販売会社「たがみ」(田上雅信社長)は、地元のブランド米「熊野米」を台湾に輸出した。今後、継続して取引されるよう商談中という。  日本政策金融公庫が顧...

紀伊民報社

「南高」の梅干し 塩にこだわり商品化へ

 県農の子会社である和歌山ノーキョー食品工業(本社・海南市)は、紀南地方で栽培が盛んな梅の主力品種「南高」の梅干しを、基本的な原料である塩にこだわって商品化に乗り出した。全国の約50種の塩で試作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク