全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

17人死亡、安否不明8人 厚真町土砂崩れ懸命の捜索続く-胆振東部地震

厚真町吉野の土砂崩れ現場。自衛隊員らが安否不明者の捜索活動を続けた=7日午後

 6日未明の胆振東部地震で大規模な土砂崩れが発生した厚真町で自衛隊や警察などは8日も、吉野地区や幌内地区などで安否不明となっている住民の捜索活動を続けた。町災害対策本部によると、8日正午現在で死亡が確認されたのは17人。この他、11人が心肺停止状態で見つかり、8人の安否が分かっていない。

 町災害対策本部によると、自衛隊による捜索活動は7日から8にかけても夜通し続けられた。

 吉野地区では数カ所の土砂崩れ現場に自衛隊員や胆振東部消防組合など数百人規模の捜索隊員の他、災害救助犬も投入し、懸命に捜索活動を進めた。

 大量の土砂に覆い尽くされた現場では、複数の重機が懸命に救助作業を展開。深く掘り進んでようやく住宅の一部が見えるような状態の現場もあった。土砂の中から家の柱や断熱材、窓ガラスの破片、壊れた屋根の一部などが見え、生活のすべてが失われた状況をうかがわせた。

 現場の周辺で行方不明者の親族らが祈るように救出作業を見守り、安否不明者の親戚という女性は目に涙を浮かべながら「生きてはいないと思うけど、ただ見つかってほしい」と話した。

 陸自第7特科連隊長の川口貴浩1等陸佐は「昨日は約800人体制で捜索した。大量の土砂とがれきが民家を押し流している状況だが、救助に全力で取り組みたい」と話した。

土砂崩れ現場で自衛隊や警察、消防などが連携し捜索=8日午前

関連記事

長野日報社

上諏訪温泉街の山の幸今年も 旅荘二葉にジコボウ

 諏訪市湖岸通り4の旅館「旅荘二葉」の玄関前の庭に、ジコボウ(ハナイグチ)が60本ほど顔を出している。毎年生えて話題になり、鑑賞用として周辺住民も楽しむ、上諏訪温泉街の山の幸。今年はタイミング...

ワールドサーフィンゲームス男子決勝

五十嵐カノアが2位  田原市赤羽根町のロングビーチで行われている世界最高峰のサーフィン大会「2018アーバンリサーチISAワールドサーフィンゲームス」(国際サーフィン連盟=ISA=主催)は19日、男...

荘内日報社

鶴岡の「海の食文化」学ぶ 「エコール辻 東京」学生が視察研修

 国内唯一のユネスコ食文化創造都市である鶴岡市と「ガストロノミー包括連携協定」を結ぶ辻調理師専門学校(大阪市)のグループ校「エコール辻 東京」(東京都国立市)の学生6人が、食をテーマにした視察研修の...

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク