全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

17人死亡、安否不明8人 厚真町土砂崩れ懸命の捜索続く-胆振東部地震

厚真町吉野の土砂崩れ現場。自衛隊員らが安否不明者の捜索活動を続けた=7日午後

 6日未明の胆振東部地震で大規模な土砂崩れが発生した厚真町で自衛隊や警察などは8日も、吉野地区や幌内地区などで安否不明となっている住民の捜索活動を続けた。町災害対策本部によると、8日正午現在で死亡が確認されたのは17人。この他、11人が心肺停止状態で見つかり、8人の安否が分かっていない。

 町災害対策本部によると、自衛隊による捜索活動は7日から8にかけても夜通し続けられた。

 吉野地区では数カ所の土砂崩れ現場に自衛隊員や胆振東部消防組合など数百人規模の捜索隊員の他、災害救助犬も投入し、懸命に捜索活動を進めた。

 大量の土砂に覆い尽くされた現場では、複数の重機が懸命に救助作業を展開。深く掘り進んでようやく住宅の一部が見えるような状態の現場もあった。土砂の中から家の柱や断熱材、窓ガラスの破片、壊れた屋根の一部などが見え、生活のすべてが失われた状況をうかがわせた。

 現場の周辺で行方不明者の親族らが祈るように救出作業を見守り、安否不明者の親戚という女性は目に涙を浮かべながら「生きてはいないと思うけど、ただ見つかってほしい」と話した。

 陸自第7特科連隊長の川口貴浩1等陸佐は「昨日は約800人体制で捜索した。大量の土砂とがれきが民家を押し流している状況だが、救助に全力で取り組みたい」と話した。

土砂崩れ現場で自衛隊や警察、消防などが連携し捜索=8日午前

関連記事

リトアニア代表が豊小と交流

豊橋市総合体育館で児童らとゴールボール試合  2020年東京五輪・パラリンピックへ向けたトレーニングキャンプをホストタウンの豊橋市で行っている欧州リトアニアのゴールボール代表は24日、同市総合体育...

荘内日報社

公益大 モンゴルに派遣の3人が帰国報告会

 今年3月、モンゴルの首都・ウランバートルにある国際協力機構(JICA)機関の一つ「モンゴル日本人材開発センター」でインターンシップを行った、東北公益文科大学(酒田市)の学生3人による報告会が22日夕...

紀伊民報社

令和改元で特設窓口 印南町

 和歌山県印南町は、令和への改元に伴い婚姻届と出生届が増えることが予想される祝日の5月1日、住民福祉課の受付窓口を特設する。通常の休日は宿直が対応しているが、この日は職員を増員し、記念撮影用のブ...

3号機打ち上げ準備完了 IST「MOMO」 大樹

 大樹町内のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST、稲川貴大社長)は23日、町浜大樹の実験場で観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げを想定した最終リハーサルを行った。燃料...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク