全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

北海道被災地へ照明車 天竜川上流河川事務所が派遣

北海道の地震被災地へ向けて派遣する天竜川上流河川事務所の照明車

 国土交通省天竜川上流河川事務所(駒ケ根市)は7日、北海道胆振東部地震の被災地へ災害対策用の照明車を派遣した。同省中部地方整備局管内から派遣する照明車12台のうちの1台で、被災地で夜間に行う救出活動や復旧工事などに活用する。

 同省が組織するTEC―FORCE(テックフォース=緊急災害対策派遣隊)の活動の一環。すでに中部地整は地震が発生した6日に先発隊を送っており、第2次隊の派遣要請に応えた。同事務所の照明車は京都府の舞鶴港からフェリーで北海道小樽市へ向かい、9日には札幌市経由で被災地に近い苫小牧市へ入る。

 照明車は発光ダイオード(LED)の照明6基を搭載した最新型。同事務所によると「100メートル離れた場所で新聞が読める明るさがある」という。車両は建設業者でつくる県南部防災対策協議会の会員が運ぶ。運転する池端工業(飯田市)の小林真弥さん(47)は「事故なく照明車を北海道へ届け、被災者の一助になりたい」と述べた。

 出発式で同事務所の椎葉秀作所長は「今回は長距離の移動になるので安全第一を心掛け、任務を果たしてほしい」と励ました。同事務所の照明車派遣は今年、飯田市で起きた山火事現場、西日本豪雨災害被災地の岡山県倉敷市に続いて3回目。

関連記事

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

荘内日報社

荘内病院へ医師派遣支援

 山形大医学部や関連病院会、県医師会などで構成する蔵王協議会(会長・嘉山孝正山形大医学部参与)は20日、鶴岡市立荘内病院(三科武院長)の要望に応え、同病院の呼吸器内科、循環器内科の2科へ医師を派遣する...

宇部日報社

米の高校生4人、小野田工高で柔道交流

 米国ワシントン州ケント市の高校生4人が、18~20日の日程で山陽小野田市の小野田工高を訪れ、授業や柔道練習で交流を深めた。生徒たちは再会を誓い合っていた。  全国高等学校体育連盟柔道専門部が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク