全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

新たな規制なし 台風21号で熊野古道

台風21号の風で沿道の木が折れた熊野古道中辺路。倒木などの撤去が進み通行に支障はないという(田辺市中辺路町で)

 和歌山県田辺市は6日、世界遺産・熊野古道中辺路について、台風21号による新たな通行制限はないと公表した。倒木はあったが、崩落は確認していない。市は「一部区間を除き、古道歩きを楽しんでもらえる」と話している。  熊野古道中辺路は8月の台風20号により、高原熊野神社―牛馬童子口バス停、小広王子―発心門王子、赤木越(湯の峰温泉―赤木越分岐)、潮見峠(捻木ノ杉―潮見峠)で一部通行規制している。市は台風21号通過後の5日、古道を歩いて調査した。規制区間は復旧していないものの、新たな問題は見つからなかったという。  古道歩きは9月下旬から11月上旬が最盛期。市観光振興課は「風が強かったので、倒木や折れた枝はあったが、撤去を進めている。古道歩きの際は十分気を付けてほしい」と呼び掛けている。市はホームページで熊野古道の通行規制箇所を公開している。  台風20号で被害の大きかった本宮町の川湯温泉では、宿泊施設の一部が営業を再開。公衆浴場は休業中。湯の峰温泉はつぼ湯は休業中だが、公衆浴場は再開している。

関連記事

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

宇部日報社

参道にヒガンバナ4万本

 山口市上小鯖の鰐鳴八幡宮(古屋倫史宮司)で、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれるヒガンバナが見頃を迎え、訪れた人の目を楽しませている。約200メートルの参道の両側に4万本ものヒガンバナが群生...

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

長野日報社

幸せの「高遠ダムパフェ」味わって 11月末まで限定提供

 伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク