全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「北限のすだち」たわわに

 酒田市浜中の県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室で栽培されているかんきつ類の一種「スダチ」がたわわに実り、収穫作業が始まった。地球温暖化に伴う適応性調査のため2010年シーズンから、カボスやユズ、温州ミカンなどとともに試験栽培しているもの。搾りやすくするため果皮を少し乾燥させる「予措(よそ)」を終えたものから順次、鶴岡、酒田両市内の飲食店や宿泊施設などに有償で提供し、品質を評価してもらう。

 東北地方では100年後の年平均気温が2―3度上昇すると予測され、庄内地域の一部が温州ミカンの栽培に適する年平均気温15―18度になる可能性があるという。県は長期的な視点に立ち2010年、「地球温暖化に対応した農林水産研究開発ビジョン」を策定。これを受け、同研究室は温暖地型作物の栽培適応性調査の一環で、広くかんきつ類の試験栽培をスタートさせた。

 調査結果からスダチの適応性が高いことが分かり14年、県庄内総合支庁とJA全農山形、各市町などによる「庄内地域スダチ生産拡大プロジェクト」がスタート。16年まで3カ年にわたって栽培実証や販路確保に取り組んだ。また、同支庁は同年から「庄内産北限のすだち」と銘打ってPRを図っている。

 同研究室開発研究専門員の安孫子裕樹さんによると、昨シーズンは6本の樹木から1本当たり300―400個を収穫。地元の飲食店や宿泊施設に有償で提供したところ、店主、経営者からは「地元産のため鮮度が高い」など、かなり好評を得た。「昨シーズンは着果数が少なかったため、『もっと欲しい』という飲食店からの要望に応えることができなかった」(安孫子さん)という。

 今シーズンの収穫作業は今月4日にスタート。11年生になった6本に加え、7年生の若木10本からも収穫する予定。安孫子さんによると、今年2月には氷点下10度以下と冷え込んだ日もあったが、青々とした葉をつけるなど他のかんきつ類に比べて耐寒性の高さが確認されたという。今シーズンは暑さや病害虫による障害も少なく、昨シーズンと比較して着果数はかなり多め。2Lサイズ(直径36―39ミリ)のスダチ計約1万個の収穫を見込む。「黄色みがかってくると酸味が少なくなる。今月中には収穫作業を終えたい」(安孫子さん)という。

 これまで研究を進めてきた貯蔵方法もほぼ確立しつつあり、安孫子さんは「温暖地域と比べても遜色ない高品質のスダチができた。スダチは魚介類と相性が良いほか、茶わん蒸しに入れたり、スダチそばにしたりと使い道が多岐にわたっている。『北限のすだち』を味わってもらう機会をつくっていきたい」と話した。

産地研究室でたわわに実ったスダチを収穫する安孫子さん。個数は多いものの、低木のため収穫作業は比較的容易という=6日午後

関連記事

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク