全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

航空機事故を想定し56機関が連携訓練

状況把握に努めながら負傷者を救出する消防隊員(山口宇部空港で)

 航空機事故を想定した消防救難訓練が6日、山口県宇部市山口宇部空港で行われた。同空港消防救難隊(隊長・本田修司同空港事務所長)と宇部・山陽小野田消防局、市医師会、警察、山口大医学部付属病院と山口労災病院のDMAT(災害派遣医療チーム)など56関係機関の約200人が参加。事故発生から収束まで、緊急時の連携体制の確立を図った。乗員・乗客155人を乗せた航空機が着陸後に滑走路を逸脱し、誘導路に停止して左エンジン部分が炎上。125人は自力で脱出したが、30人が機内に取り残され、負傷者がいるという想定。消防や警察車両などが待機し、消火、救出、救護など、各機関の連携に重点を置き、一連の流れを実践した。

 大型消防車が到着すると、放水して消火活動を開始。消防局の救助隊は、航空機に見立てたバスから取り残された人を誘導・救出した。DMATは救助された負傷者に、重症度に基づいて治療の優先順位を決めるトリアージを実施。応急処置の手順を確認し、負傷者のうち重傷の5人を救急車で搬送した。本田隊長は「それぞれの役割を確認でき、有意義で充実した訓練だった。空港は常に危険と隣り合わせ。非常時に迅速な対応ができるよう、今後も課題や問題を検証していきたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク