全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

塗田さんが最優秀賞—とぅばらーま大会関西予選会

とぅばらーま大会関西予選会で最優秀賞の塗田康晃さん(左)と、優秀賞の北林直樹さん=2日、大阪市大正区の大阪沖縄会館

 【大阪】2018年度「とぅばらーま大会関西予選会」(近畿八重山郷友会主催)が2日、大阪市大正区の大阪沖縄会館で開かれ、20人が思いのたけを歌った結果、2007年に石垣市の本大会に出場経験のある塗田康晃さん=兵庫県西宮市=が最優秀賞を獲得、22日に開催される石垣市主催の「とぅばらーま大会」に関西代表として出場が決まった。優秀賞には北林直樹さん=大阪府茨木市=が獲得した。塗田さんは「練習の成果が出た。本場八重山では、さらに練習を重ね上位を目指してしっかりと歌いたい」と抱負を語った。

 同予選会では、大阪や京都、兵庫、愛知などから出場した男性15人、女性5人がそれぞれ自分の「とぅばらーま」を、深い思いを声量豊かに熱唱し、来場者から惜しみない拍手を受けた。審査委員長を務めた近畿八重山郷友会の玉城一正会長は「昨年よりもレベルが上がっている。今後もさらなる練習を望みたい」と講評した。  会場には約250人が訪れ、立ち見もでるほどの大盛況だった。

 審査の合間には、八重山舞踊勤王流猪妻玉子琉舞教室の園生洋子(平得出身)さんらによる「イダ舟」「白保節」、近畿八重山郷友会による「高那節」などの八重山舞踊が披露され、会場は八重山一色の雰囲気に包まれた。

関連記事

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

紀伊民報社

白砂舞台に熱戦 ビーチアルティメット国際大会

 和歌山県白浜町の白良浜で13日、フライングディスク(FD)競技の一種「ビーチアルティメット」の国際大会の試合が始まった。日本を含む10カ国・地域から計40チームが参加し、16日まで熱戦を繰り広...

チームラボ帯広 多彩アート 開幕近づく

 十勝毎日新聞社の創刊100年記念事業として道立帯広美術館で開催されるデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」の7月6日の開幕まで1カ月を切った。プログラムで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク