全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

カレーで諏訪湖の形知って スワライズがメニュー考案

諏訪カレーを手にする登内代表

 諏訪地方の住民有志グループ「諏訪地域盛り上げプロジェクトSUWARISE(スワライズ)」(登内大志郎代表)は、上空から見た諏訪湖の形を多くの人に知ってほしいと、諏訪地域の飲食店が参加する共同メニュー「諏訪カレー」を考案した。ライスで湖周の陸地、カレーで湖を表現し、具材や付け合わせなどに諏訪らしさを取り入れるのが特長。現在7店が参加している。

 同グループが主催した音楽イベントの打ち上げでゲストのシンガーソングライター松本隆博さんが、登内代表に「滋賀県民は琵琶湖の形を知っているのが普通。諏訪の皆さんは諏訪湖の形を知っているのか」と問い掛けたのがきっかけになった。カレーを通じて諏訪湖の形を知ってもらい、愛着を持ってもらおうと、参画店舗を募った。

 参加店のうち「餃子キッチンガドガド」(諏訪市高島)では、カレーに地元のみそや酒かすを加えて「諏訪らしい味」を追求。ライスの上に旬の野菜で彩りを添えている。登内代表(38)=諏訪市小和田=は「諏訪カレーを通じて諏訪湖を知り、地域全体で盛り上げることで諏訪の新たな名物にしていきたい」と今後の構想を語った。

関連記事

県独自の品種「夕焼け姫」

JAひまわりミカン初出荷  豊川市のJAひまわり管内で21日、温州ミカンの新品種「夕焼け姫」の出荷に備えた作業が始まった。上長山町の同JAみかん部会・清水貢さん(74)は10種類の柑橘類を育てており、...

新千歳空弁に新登場 池田のエゾシカ肉使用

 新千歳空港で販売されている空弁(そらべん)に今月上旬から、池田町のエゾシカ肉と加工品の専門店「エゾの杜(もり)」(三坂一茂社長)のエゾシカ肉を使った「もみじ弁当」(980円)が新登場し人気を集...

長野日報社

八ケ岳の新そば堪能 茅野でまつり

 茅野市の第8回信州八ケ岳新そばまつり(祭典委員会主催)が10日、JR茅野駅周辺の西口弥生通りと東口イベントスペース、宮川かんてんぐら前広場で開かれた。地元のそば店やそば打ち愛好団体、そば生産...

田原で「全国丼サミット」開幕

 各地のご当地丼料理を味わえる食のイベント「全国丼サミットinたはら2018」(実行委員会主催)が10日、2日間の日程で田原市野田町の芦ヶ池農業公園「サンテパルクたはら」で開幕した。東海3県で初開催...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク