全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

むかわ竜骨格の全体像明らかに 世界レベルの貴重な標本

エアートランポリンを指導する小堀さん

 かつての体操日本代表が、苫小牧の地で第二の人生をスタートさせる。札幌市出身の小堀由貴さん(40)。10月に苫小牧市内で3歳~小学3年生を対象にした体操教室を開講する。「エアートランポリン」(エアトラ)と呼ばれる空気で膨らませたビニール製運動器具も市内で初導入。「生徒も指導者も、いつも楽しく笑って取り組むことができる教室づくりをしたい」と思いを語る。

 小堀さんは、4歳から札幌市内の体操クラブに通い、小学6年生から高校3年生まで7年連続で北海道選手権総合優勝。15歳で早くも日本代表に選出されると、中国・上海で開かれた第1回東アジア大会の女子跳馬優勝を皮切りにインターハイ、全日本選手権の同種目も制するなど跳馬のスペシャリストとして名をはせた。

 日本体育大に進学。2年のときに同級生でアトランタ五輪出場の菅原リサらと共に挑んだ全日本選手権女子団体では、大会13連覇中だった名門朝日生命体操クラブを破り、見事栄冠をつかむ快挙も達成した。ただ、「勝ったときはうれしかったけれど、それは一瞬」。結果を求められる日々の中で、大好きだったはずの体操がいつしか重圧に変わっていた。

 大学卒業後は指導者の道に進み、オリンピックメダリストの池谷幸雄氏が立ち上げた「池谷幸雄体操倶楽部」の初代コーチに就任。「自分と同じ思いはさせたくない」と体操の楽しさを伝えようと努力してきたが、選手を伸ばそうとするほど「自分が嫌だったことを押し付けていた」ことに気付き、苫小牧移住を機に一度競技から距離を置いた。

 転機が訪れたのは10年ほど前。知り合いに誘われ、苫小牧ジュニア体操クラブの練習を見学したときだった。子どもたちの競技に対する真摯(しんし)な姿勢を一目見て、「一緒に体操がしたい」。女子のコーチに就き、きょうまで選手たちと向き合ってきた。

 「体操が楽しいと思わせてくれた苫小牧ジュニアに恩返しを」との思いが幼児体操教室開講の決め手になった。楽しいの意味を持つ英語「CHEERFUL」を冠に据えた一般社団法人チアフルを今年6月に立ち上げ。来月からスタートする教室は月4回を1クール、1回に付き50分を見ている。安全に身体能力向上を図ることができるエアトラのほか、鉄棒や長縄なども駆使した運動を通して参加者の基礎体力向上を図っていく。

 すでに8月に3回の体験教室を実施。参加した子どもたちはもちろん、保護者からの関心も多く得ることができたのは収穫だ。

 「子どもたちの未来への可能性を広げたい。体操だけではなく、アイスホッケーや野球など、将来いろんな競技に取り組んでいくための下地になれば」と小堀さんは期待する。チアフルの代表理事を買って出た父芳貴さん、共にコーチとして教室を支える教え子の元全国選手・堀川華恋さん(22)らたくさんの支援者のためにも粉骨砕身を誓う。

 「できないことができたときに見せる子どもたちのキラキラした目が好き。初めて天職だって思えたんです」。開講の日を今から心待ちにしている。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク