全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

地域挙げて自殺対策を 県が上伊那8首長に要請

自殺対策推進の横断幕を手にする上伊那地方の首長や県現地機関の長=4日、伊那市

 県は4日、日本財団、NPO法人ライフリンクと連携して進める「いのち支える自殺対策プロジェクト」の一環で、自治体・地域を挙げて「いのち支える対策」に取り組んでもらうよう、上伊那地方8市町村の首長に要請した。一昨年4月に施行された改正自殺対策基本法で、市町村に義務付けられた自殺対策計画の策定も求めた。上伊那地域の市町村の多くは年度内に策定する予定でいる。

 県内10圏域ごと市町村長に働き掛けている。この日は上伊那広域連合の正副連合長会後、県伊那保健福祉事務所の寺井直樹所長が自殺対策推進に関する知事メッセージを伝達。市町村長のリーダーシップにより、全庁的、地域一体で自殺対策を推進するよう要請した。首長8人は全員で横断幕を手にし、取り組みへの誓いを新たにした。

 県によると、県内の自殺者数は2003年をピークに減少傾向にあるものの、20歳未満の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)が高水準で「非常事態」とする。上伊那は10圏域で2番目に低い率である一方、40~60代の男性の自殺死亡率が全県の傾向と同様に高いという。

 3月に策定した第3次県自殺対策推進計画では、「だれも自殺に追い込まれることのない信州」の実現や、未成年者の「自殺死亡率ゼロ」の目標を設定している。この日は上伊那8市町村の実務担当者にも対策推進を要請した。

 県などは現在、中高生対象の無料通信アプリLINE相談窓口「ひとりで悩まないで@長野」を開設。学校生活相談センター(フリーダイヤル0120・0・78310)では24時間態勢で相談を受け付けている。

関連記事

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

宇部日報社

参道にヒガンバナ4万本

 山口市上小鯖の鰐鳴八幡宮(古屋倫史宮司)で、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれるヒガンバナが見頃を迎え、訪れた人の目を楽しませている。約200メートルの参道の両側に4万本ものヒガンバナが群生...

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

長野日報社

幸せの「高遠ダムパフェ」味わって 11月末まで限定提供

 伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク