全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ワカサギの投網漁解禁 諏訪湖

夜が明けきらない早朝から漁に出て網を打つ漁師

 諏訪湖のワカサギの投網漁が3日、解禁された。初日は13人が夜明け前から漁に出て網を打った。諏訪湖漁業協同組合によると、初日は約80キロを水揚げ。大きさのばらつきも少なく、資源量は2016年7月の大量死以前の例年並みに戻ったという。

 出漁日は毎週月、木、土曜の週3回。時間は魚の鮮度を保つため当面は午前4~6時の2時間としている。3日午前5時すぎの湖上では、漁師たちがワカサギにめがけて勢いよく網を打った。放たれた網は空中で大きく開き、「ザブッ」という音と共に水面に落ちた。漁師たちは手際よく網をまとめて引き揚げ、船上のかごにワカサギを入れていた。

 午前7時すぎにはワカサギが次々と諏訪市の同漁協に持ち込まれた。当歳魚と1年を超えて生き残った大公を別々の箱にまとめた。今春の卵の放流量は約9億粒。順調に育った当歳魚は体長約5~6センチだった。武居薫組合長(67)は「初日としてはまずまず。今年は尾数も十分だし、生育状態もいい。脂ものっているようだ。夏の猛暑による湖の貧酸素状態が心配されたが、乗り切れた」と安堵の表情を浮かべた。漁を終えた藤森重利専務(61)は「わくわくした気持ちで解禁日を迎えた。網からもれる小さなサイズも割といた。今年は期待できる年になりそうだ」と喜んでいた。5キロごとに分け、川魚店に販売した。

 武居組合長によると、大量死前の水揚げ量は約10トンといい、「大量死以前に戻った。このままなら(来春の)採卵事業も順調に行えるだろう」と見通した。受け取りに来た大手川魚店(茅野市塚原)の山崎武英さん(77)は「ワカサギの量は少ないが、大きさを見れば湖に数はいそうだ。甘露煮にして販売する。今後、水揚げ量が増えてほしい」と期待した。

関連記事

県独自の品種「夕焼け姫」

JAひまわりミカン初出荷  豊川市のJAひまわり管内で21日、温州ミカンの新品種「夕焼け姫」の出荷に備えた作業が始まった。上長山町の同JAみかん部会・清水貢さん(74)は10種類の柑橘類を育てており、...

荘内日報社

注連寺境内に「鉛筆碑」

 鶴岡市大網の注連寺(佐藤弘明住職)の境内にこのほど、「鉛筆碑」が建立された。注連寺の大天井画の鉛筆模画の縮小版を手掛けたマック美術研究所(東京都)代表の田中昭さん(73)が、鉛筆画のペンシルワーク...

奄美での「島活」に興味津々  東京・池袋でアイランダー18

 全国の島々が集い情報発信する〝島活〟イベント「アイランダー2018」(国土交通省 日本離島センター主催)が17、18の両日、東京・池袋のサンシャインシティー文化会館であった。2日間で延べ1万5...

紀伊民報社

白良浜も「冬支度」 防砂ネット取り付け

 白浜町は21日、白良浜に防砂ネットを取り付けた。冬に吹く北西からの風で砂が飛散しないようにするためで、白浜温泉街に冬の到来を告げる風物詩になっている。  町職員が午前9時から作業を始めた。約2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク