全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「愛Bリーグ」東海・北陸支部総会

 ご当地グルメでまちおこしを図るボランティア団体のネットワーク「愛Bリーグ」の東海・北陸支部総会が今月、豊川市内で開かれた。ホスト団体の「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」をはじめ、愛知、静岡、岐阜、三重、福井県の16団体から76人が参加した。  プリオで行われた総会では、各団体による活動報告の他、来年11月23、24日に兵庫県明石市で開催が決まったばかりのB-1グランプリを見据えた意見交換などを経て、相互のまちおこし活動への尽力を約束。豊川海軍工廠平和公園での見学やキツネの面の絵付け体験、ボウリング大会でも交流を深めた。  感動の対面も実現した。国府高校2年生で今春にもりあげ隊に入った「もんちゃん」こと松本龍門(りゅうと)さんは、当時赤坂小学校6年生だった2013(平成25)年のB-1グランプリ豊川大会で参加団体「富士宮やきそば学会」(静岡県富士宮市)ののぼり旗を制作していた。今回5年ぶりに同学会のメンバーと再会し、懐かしい話に花を咲かせた。  大会開催地の小学生たちが参加団体ののぼり旗を作る取り組みは、この時が皮切りとなってその後の大会でも継続されており、もりあげ隊で観光協会事務局長の平賀菜由美さんは「中学のころからいなりんピックなどのボランティアにも参加してくれた。『ずっともりあげ隊に入りたかった』と言ってくれて感激した」と振り返った。

関連記事

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

限定の特大シジミ 大樹・生花苗沼で一日だけの漁

 大樹町内の生花苗沼(オイカマナイトー)で17日、1年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は、殻長が5センチ以上になる特大サイズのシジミを、泥の中から懸命に手で掘り出していた。  大樹...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク