全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

下水処理施設 親子連れら見学/釧路

 10日の「下水道の日」日にちなんで、釧路市は「くしろ下水道さわやかフェア2018」を2日、古川終末処理場で開いた。親子連れなど市民が、下水処理施設の見学などを通じて、下水道事業について理解を深めた。  イベントは、下水処理施設の重要性などを知ってもらおうと、毎年実施している。

 施設見学会には多くの市民が参加。市職員は、家庭から出る汚水をきれいにする工程として、汚れを吸収する微生物を含んだ「活性汚泥」を加えて浄化することなどを説明した。また、汚泥は処理施設に運ばれ、脱水、乾燥することで肥料としてリサイクルしていることを紹介、参加者は真剣に耳を傾けていた。

 初めて参加したという小学4年生の矢部瑠清君(9)は「汚水をきれいにするために微生物を使っていることに驚いた。学校でまだ習っていないことを勉強できてよかった」と話した。

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク