全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

花火師25人の創作あふれる 全国新作花火大会

独創的な花火が諏訪湖上を彩った第36回全国新作花火競技大会。湖上に柿の木を表現して最高賞の経済産業大臣賞を受賞した「里山の忘れ柿」

 第36回全国新作花火競技大会(諏訪観光協会や諏訪市などでつくる実行委員会主催)は1日夜、諏訪市の諏訪湖で開き、県内外の花火師25人がアイデアあふれる花火を打ち上げた。競技以外のスターマインを含め計32セット、約1万8000発が湖上に輝き、平成最後の諏訪湖の夏の花火を締めくくった。

 10号玉2発、3号玉10発をイメージ曲に乗せて打ち上げた。カラフルな花束やカボチャ、流れ星などを表現。時間差で光を点滅させるなど工夫を凝らし、観客から拍手と歓声が起きた。

 競技以外にも100連発の打ち上げ花火、音楽のテンポに同調して開くミュージックスターマイン、半円状に広がる水上スターマインが湖上を染めた。

 審査の結果、最高賞の経済産業大臣賞は、小幡知明さん(菊屋小幡花火店、群馬県)の「里山の忘れ柿」が受賞した。

 この日は風があまりなくて煙が滞留し、花火が隠れる場面が見られた。大会直前まで降り続いた雨は開始後にやんだ。

 実行委によると、約25万人が見物した。横浜市から訪れた難波正次郎さん(61)は「前半は煙が多かったが、全体に楽しめた。テーマのイメージを表現していてよかった」と話した。

 準優勝以下の結果は次の通り。

 ▽準優勝=「流れ星・諏訪湖に流星群~星に願いを~」村上淳(伊那火工堀内煙火店、飯島町) ▽奨励賞=「彩虹輝~グラデーションによる虹色の幻想~」飯田茂雄(齊木煙火本店、山梨県) ▽殊勲賞=「瞬き」松下秀雄(アルプス煙火工業、飯田市) ▽技能賞=「光の波動」新堀雄一(野村花火工業、茨城県) ▽敢闘賞=「ダンシング・スター」宮島秀一(華松煙火、松本市)

関連記事

りくべつ鉄道 今季27日に出発進行 国内最長の運転体験も

 陸別町内で列車の運転や乗車などが体験できる「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」の今季の営業が27日に始まる。気動車の運転体験としては国内最長となる分線コース(片道5.7キロ)や、駅構内外の運転コースな...

長野日報社

桜満開最高潮 高遠城址公園「祭り」にぎわう 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市は11日、同市高遠町の高遠城址公園のタカトオコヒガンザクラが満開になったと発表した。市によると、過去10年平均より2日遅く、最速だった昨年より10日遅いという。約1500本のタカトオコ...

ライダー向け朝活カフェなど展開へ 豊根村観光協会とデイトナが協定結ぶ

 豊根村観光協会は10日、バイク部品販売の「デイトナ」(静岡県森町)と観光パートナー協定を結んだ。早朝のバイクツーリング客向けに道の駅などで「朝活Cafe(カフェ)」などを展開する。  内容...

豊川稲荷が「デジタル賽銭」導入へ

 豊川稲荷は9日、QRコード決済を利用したキャッシュレスの「デジタル賽銭(さいせん)」を26日から導入すると発表した。三河地区では初。若者の参拝増につなげ、将来的には海外からの観光客に来てもらうこと...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク