全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

花火師25人の創作あふれる 全国新作花火大会

独創的な花火が諏訪湖上を彩った第36回全国新作花火競技大会。湖上に柿の木を表現して最高賞の経済産業大臣賞を受賞した「里山の忘れ柿」

 第36回全国新作花火競技大会(諏訪観光協会や諏訪市などでつくる実行委員会主催)は1日夜、諏訪市の諏訪湖で開き、県内外の花火師25人がアイデアあふれる花火を打ち上げた。競技以外のスターマインを含め計32セット、約1万8000発が湖上に輝き、平成最後の諏訪湖の夏の花火を締めくくった。

 10号玉2発、3号玉10発をイメージ曲に乗せて打ち上げた。カラフルな花束やカボチャ、流れ星などを表現。時間差で光を点滅させるなど工夫を凝らし、観客から拍手と歓声が起きた。

 競技以外にも100連発の打ち上げ花火、音楽のテンポに同調して開くミュージックスターマイン、半円状に広がる水上スターマインが湖上を染めた。

 審査の結果、最高賞の経済産業大臣賞は、小幡知明さん(菊屋小幡花火店、群馬県)の「里山の忘れ柿」が受賞した。

 この日は風があまりなくて煙が滞留し、花火が隠れる場面が見られた。大会直前まで降り続いた雨は開始後にやんだ。

 実行委によると、約25万人が見物した。横浜市から訪れた難波正次郎さん(61)は「前半は煙が多かったが、全体に楽しめた。テーマのイメージを表現していてよかった」と話した。

 準優勝以下の結果は次の通り。

 ▽準優勝=「流れ星・諏訪湖に流星群~星に願いを~」村上淳(伊那火工堀内煙火店、飯島町) ▽奨励賞=「彩虹輝~グラデーションによる虹色の幻想~」飯田茂雄(齊木煙火本店、山梨県) ▽殊勲賞=「瞬き」松下秀雄(アルプス煙火工業、飯田市) ▽技能賞=「光の波動」新堀雄一(野村花火工業、茨城県) ▽敢闘賞=「ダンシング・スター」宮島秀一(華松煙火、松本市)

関連記事

田原で「全国丼サミット」開幕

 各地のご当地丼料理を味わえる食のイベント「全国丼サミットinたはら2018」(実行委員会主催)が10日、2日間の日程で田原市野田町の芦ヶ池農業公園「サンテパルクたはら」で開幕した。東海3県で初開催...

長野日報社

目標100人に達成 「諏訪の国」SNS発信者

 諏訪地方観光連盟は9日、諏訪6市町村の観光地域ブランド「諏訪の国」をSNS(交流サイト)を使って売り込む発信者「諏訪の国公式アンバサダー」が目標の100人に達したと明らかにした。100人のツイッ...

モール温泉号に過去最高223人 音更

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の第2号便(6日、JR札幌駅出発)の利用者が、1便の利用者として過去最高の223人に上った。同協会では「温泉号のスタ...

「おでんしゃ」登場9日から運行

 熱々のおでんやお酒を車内で味わえる「おでんしゃ」の運行が9日、豊橋市の市内線で始まる。今年も来年2月下旬まで期間限定で走る。  豊橋鉄道(豊橋市)が運行している市内電車(市電)に登場し、夏に好...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク