全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋の水上ビルで「sebone」開幕

 美術作品を展示する「第15回とよはし都市型アートイベントsebone(せぼね)2018」(実行委員会主催、東愛知新聞社など後援)が1日、豊橋駅南側の牟呂用水上にあるビル「水上ビル」などを舞台に始まった。約50組のアーティストが絵画、彫刻、音楽などを披露しているほか、映画「クソ野郎と美しき世界」で使用したロケ地を初公開。2日も午前10時~午後5時で行われる。  seboneは水上ビルを「都市の背骨」と捉え、人とまちをアートの力で元気にすることを目的に2004(平成16)年から開催されている。  今年は、穂の国とよはし芸術劇場プラットと開発ビルも会場に、市立くすのき特別支援学校高等部3年・花島愛弥さんの絵や、豊橋市の現代陶磁作家・兼藤忍さんの陶磁器作品、地元の高校生、新川・松山両小学校の児童の立体作品などが飾られ、女性や家族連れらがじっくりと鑑賞していた。  また、オムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」のロケ地となった駅前大通りの開発ビル2階では、ほぼセットが残る室内を公開。市内で今年2月に行われた豊川市出身の園子温さん監督のエピソード1「ピアニストを撃つな!」の撮影秘話を、豊橋市シティプロモーションアドバイザーの鈴木惠子さんが語った。2日も午後2時からある。  各会場では、アート作品作りを体験できるワークショップも行う。

関連記事

荘内日報社

10月スタート新潟県・庄内エリアプレDC 庄内の魅力国内外へ発信

 大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」のプレDC(10―12月)に向けたキックオフ会議が21日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。庄内地域全体や各市町で計73の観光...

宇部日報社

参道にヒガンバナ4万本

 山口市上小鯖の鰐鳴八幡宮(古屋倫史宮司)で、曼殊沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれるヒガンバナが見頃を迎え、訪れた人の目を楽しませている。約200メートルの参道の両側に4万本ものヒガンバナが群生...

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり 帯広

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...

長野日報社

幸せの「高遠ダムパフェ」味わって 11月末まで限定提供

 伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク